WJ18

2012年3月13日 (火)

■『廃線跡の記録3』発売とワンダーJAPANの中の廃線跡

非常に長い間ブログを休んでしまいました。
みなさま、お元気でしょうか。

3月10日(土)、長いこと制作中であった『廃線跡の記録3』ですが
ようやく発売にこぎ着けました。


Cover_0227rs

発売当日は、東京カルチャーカルチャーにて記念イベントも開催。
これが、当日はJ-heritageの前畑さんとダブルで司会をしたんですが
その準備も、現在急きょ制作している『新しいiPad使いこなしガイド』
作業があれやこれやとあって、しかも『GEKIDAS激裏情報@大事典』という
これまた超ヘビーな裏情報事典の制作も重なり、もう頭の中が真っ白。

そんな状態が続く中でのイベントという、もはや自分がどこにいるのかも
よくわからない感じでしたが、出演者の強力な協力があり
非常に充実した内容で、本もたくさん売れました。

ご来場してくださったみなさん、また本をかってくださったみなさん、
本当にありがとうございました!!

『新しいiPad使いこなしガイド』が今度は今月30日発売。
いまだ現物を入手していない状態で作っているという
(16日に届く予定なんですが)またまたアクロバティックな状況。

のんびり温泉でもつかりたい。
指がしわしわになるぐらいつかっていたい。

というか、のんびり好きなものを撮影に出かけたい!
というかというか、ワンダーJAPAN20号の取材だってそろそろ
考えなくちゃいけないのに!!!

なんとなく夏ぐらいまでは全然ゆっくりできない状況が続きそうです。

続きを読む "■『廃線跡の記録3』発売とワンダーJAPANの中の廃線跡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

■内之浦宇宙空間観測所(鹿児島・はやぶさもここから宇宙へ)

2010年6月、数々のトラブルが発生しながらも
ひとつひとつ問題解決を行い、小惑星「イトカワ」のサンプルを持ち帰るという
大事なミッションを遂行し、約7年の旅を終えて地球に帰還し
日本中の人の目頭を熱くさせたことは記憶に新しい。

映画『はやぶさ/HAYABUSA』も公開され、三才ブックスからも
壮大なストーリーが擬人化されたアプリ「はやぶさ」も発売されるという。

ワンダーJAPAN18号では、そのはやぶさの地球における発射台を紹介した。
地味すぎですね。
でも、はやぶさがそんなことになってるなんて全然知らなかった。

本当は種子島へ行きたかったんだけど、
限られた日程で、島へわたったら、それだけで1日つぶれてしまう。
調べていたら、この内之浦宇宙空間観測所からも
ロケットをかなり発射しているみたいだし
発射台ってけっこうおもしろいんじゃないかなーと。

取材なんて、だいたいそんなイメージで、成功したり失敗したり失敗ばかり。


Img_0989rs
  
  
レプリカのロケットばかりだったらちょっとガッカリだなって思ってたけど
巨大なパラボラアンテナや、ステキな発射台があって
鹿児島市内からかなり遠かったけど、来てよかったなと思った。


続きを読む "■内之浦宇宙空間観測所(鹿児島・はやぶさもここから宇宙へ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

■熊本市内のプチワンダー 非常階段と空中連絡通路とポスト

3月には「廃線跡の記録2」の編集作業と震災関係で
ドタバタしていたら、いつのまにかR.E.M.のニューアルバム
『Collapse Into Now』が発売されていた。

80年代終わりに発売されたドキュメント、グリーンあたりからだから、
もう20年以上もお気に入りのバンドのひとつ。

It's The End Of The World As We Know It (and I Feel Fine...)

ニルヴァーナのカート・コバーンは、
「一度でいいからR.E.M.みたいな曲を書いてみたい」と言いながら、
REMのアルバム『Automatic For The People 』が流れるなか、ショットガンで自ら命を絶っている。

ニルヴァーナも素晴らしい曲をいくつも残しているけど
印象的なメランコリックなメロディとノリノリのロックを融合させた曲は
やはりREMならではのものかもしれない。

メジャーと契約しても商業主義に走らず、好きな音楽を作り続ける姿勢は
ニューアルバムでも相変わらず感じられてうれしくなる。

そうやって、ワンダーJAPANも作って行けたらいいな。

今回も、敬愛するパティ・スミスがゲストで参加。
60才超えてもパンクロッカー、とてもカッコイイ女性だと思う。


ニューアルバムで印象的だった曲。
アコギが効果的に使われてる。

マイケル・スタイプが切々と歌う。
ニール・ヤングとはまた違う感じで、胸に染み入る。


clover     clover     clover


さて、長い前置きはいいとして、おかげさまで好調なワンダーJAPAN18号。
もっと載せたかった非常階段の画像が山のようにパソコンに残ってる。


Img_2887s


これは、熊本市内で見かけた螺旋階段。
全体が落下防止用の柵で覆われ鳥かごのようだが
透明度の高い構造でとても素敵だ。


Img_2889s

入ってはいけませんのポールがあるけど
柵はかなり低い気がする(簡単に乗り越えられそうだけど、いいのだろうか)。

続きを読む "■熊本市内のプチワンダー 非常階段と空中連絡通路とポスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

■菊池川鉄橋(WJ18未掲載物件)

本日、6月17日はなんの日かご存知ですよね♪
ご存知ですよね!
ご存知ですよね?

ご存知ですか?(TへT)

「ロック、いいな」の日じゃないです(ロックは大好きですが)。

ワンダーJAPAN18号、ついに発売です!


Wj18rs_2

非常階段ファンのみなさん、お待たせしました!
ついに、10pつかって悲願の非常階段ミニ特集やりましたー!!

Img_5124s


このスケスケの非常階段、台東区だったと思うんだけど
かなり怖い感じ。ただ一度でいいので、この階段を登ったり下ったりしてみたい。

線が細すぎる!
こういう非常階段、たまりません。

続きを読む "■菊池川鉄橋(WJ18未掲載物件)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

■ワンダーJAPAN18号のご案内

本日、関東駐在の外国人向けに配布されているフリーペーパー「メトロポリス」で
ちょっとだけインタビューが掲載されています。

表紙▽
3

新宿にある軍艦マンションが表紙ですよ!
ちなみにこの軍艦マンション(第3スカイビル)は建築家・渡邊洋治氏の
代表作になってますが、次号の「特集・不思議建築100」では
氏のこれまたカッコイイ「龍の砦」も掲載されます。

  
ワンダーJAPAN編集長 Q&A」という記事です。

やりとりは日本語でしたが、メトロポリス編集部で英訳されてます。

フリーペーパーの1面の1/3ぐらいの大きさだから
解像度の低い適当な画像でいいかと思って送ったら
もっとクリアなものをとダメ出しされたので、しかたなく
自分で撮影しました。

残業続きで疲れ切った表情なんですが
ネットでこんなに大きく出るとは思わなくてビックリ。

まあ、それはいいとして、ブログのURLも出てる!
あわてて、更新です。校了直前なのに。

ということで、次号ワンダーJAPAN18号の表紙。

Wj18rs_2


特集・熊本&鹿児島ワンダーなので、表紙はおびんずるさまです。

お釈迦様の弟子で、十六羅漢のひとりでもある賓頭盧(びんづる)尊者の
高さ30mもある巨大な像です。

続きを読む "■ワンダーJAPAN18号のご案内"

| | コメント (1) | トラックバック (0)