珍建築

2011年10月 3日 (月)

■内之浦宇宙空間観測所(鹿児島・はやぶさもここから宇宙へ)

2010年6月、数々のトラブルが発生しながらも
ひとつひとつ問題解決を行い、小惑星「イトカワ」のサンプルを持ち帰るという
大事なミッションを遂行し、約7年の旅を終えて地球に帰還し
日本中の人の目頭を熱くさせたことは記憶に新しい。

映画『はやぶさ/HAYABUSA』も公開され、三才ブックスからも
壮大なストーリーが擬人化されたアプリ「はやぶさ」も発売されるという。

ワンダーJAPAN18号では、そのはやぶさの地球における発射台を紹介した。
地味すぎですね。
でも、はやぶさがそんなことになってるなんて全然知らなかった。

本当は種子島へ行きたかったんだけど、
限られた日程で、島へわたったら、それだけで1日つぶれてしまう。
調べていたら、この内之浦宇宙空間観測所からも
ロケットをかなり発射しているみたいだし
発射台ってけっこうおもしろいんじゃないかなーと。

取材なんて、だいたいそんなイメージで、成功したり失敗したり失敗ばかり。


Img_0989rs
  
  
レプリカのロケットばかりだったらちょっとガッカリだなって思ってたけど
巨大なパラボラアンテナや、ステキな発射台があって
鹿児島市内からかなり遠かったけど、来てよかったなと思った。


続きを読む "■内之浦宇宙空間観測所(鹿児島・はやぶさもここから宇宙へ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

■ワンダーJAPAN18号のご案内

本日、関東駐在の外国人向けに配布されているフリーペーパー「メトロポリス」で
ちょっとだけインタビューが掲載されています。

表紙▽
3

新宿にある軍艦マンションが表紙ですよ!
ちなみにこの軍艦マンション(第3スカイビル)は建築家・渡邊洋治氏の
代表作になってますが、次号の「特集・不思議建築100」では
氏のこれまたカッコイイ「龍の砦」も掲載されます。

  
ワンダーJAPAN編集長 Q&A」という記事です。

やりとりは日本語でしたが、メトロポリス編集部で英訳されてます。

フリーペーパーの1面の1/3ぐらいの大きさだから
解像度の低い適当な画像でいいかと思って送ったら
もっとクリアなものをとダメ出しされたので、しかたなく
自分で撮影しました。

残業続きで疲れ切った表情なんですが
ネットでこんなに大きく出るとは思わなくてビックリ。

まあ、それはいいとして、ブログのURLも出てる!
あわてて、更新です。校了直前なのに。

ということで、次号ワンダーJAPAN18号の表紙。

Wj18rs_2


特集・熊本&鹿児島ワンダーなので、表紙はおびんずるさまです。

お釈迦様の弟子で、十六羅漢のひとりでもある賓頭盧(びんづる)尊者の
高さ30mもある巨大な像です。

続きを読む "■ワンダーJAPAN18号のご案内"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

■歌舞伎町周辺の珍建築4(東京・新宿)

ブログを書いていたら、いつのまにかソファーで寝ていた。
朝7時に寝なおして、起きたら午後3時。

久しぶりの休日が・・・。

CSで映画「Driving Miss Daisy」がやっていたので
途中からだったけど、なんとはなしに見てしまう。

ユダヤの老未亡人(ジェシカ・タンディ)と
黒人の雇われ運転手(モーガン・フリーマン)の話。

これ、なかなか味わい深いいい映画だった。
気持ちが前向きになりそうで。
脚本がよくできてる。

日曜日、夕方近くまで寝てしまって1日をムダにしてしまったときに
ムダをかなり取り戻してくれるんじゃないかと思う。


clover          clover          clover

軍艦マンション見学会へ行った帰り、会社に戻る道すがら。

まず、すぐそばにあった神社でちょっと休憩。
歌舞伎町周辺にある神社といえば花園神社が有名だけど
稲荷鬼王神社もけっこうおもしろい。


Img_5903s_2

小さな神社なんだけど、まず、富士塚がある。

Img_5894s

日本一の繁華街近くにこんなものが。
こちらにも塚がある。

Img_5892s


続きを読む "■歌舞伎町周辺の珍建築4(東京・新宿)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

■軍艦マンション見学会

(ちょっと書きなおし)

現在、「廃線跡の記録2」を3月末発売予定で、アメニモマケズ、カフンニモマケズ鋭意制作中。
でもたまにスイマニマケテマス。

スイマつえー。
ボスキャラ。もうやられっぱなし。
死ぬときってこのスイマの数億倍強烈なやつがおいでおいでするのかな。

・・・なときに、ワンダーJAPAN2号で紹介した新宿の軍艦マンションが
高架水槽コレクションの西世古 旬さんの写真でした)
ニューアルして再出発、しかも見学会をやるという情報をいつのまにか入手。

2月27日(日)が最終日です。駆け込みで行かれる方、いるかな。

土曜日、仕事の合間を縫って行ってた。

たくさん画像載せます。

そのまえにこちらをご覧ください。
1年前の軍艦マンション。

Img_0353s

そして、1年後の昨日。


Img_5855s


続きを読む "■軍艦マンション見学会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

■珍建築散歩・四谷3丁目駅~曙橋駅

2月12日、東京は積もらない雪が降った。

「廃線跡の記録2」の編集作業があるので、出社。

会社へ行く前に、四谷3丁目にある小さなギャラリーで
知り合いの廃墟写真展があったので見に行く。
(こういうのは会期中に紹介するのが筋なのに、週末ブロガーなので
ツイッターでつぶやくぐらいしかできなかった。反省してます)

丸ノ内線・四谷3丁目駅から地上へ出る。
いきなり出迎えてくれたのは、ケロガードたち。

R0016476s_2


前日、ツイッターで、「ケロガード、デイリーポータルZに応募したらボツになっちゃって…」
みたいなことをつぶやいたら、けっこう反応があったばかり。

カエル以外に、タヌキやウサギ、ペンギン、さらに北海道型の工事柵が
存在するという。

それにしても、このカエル、なんかたくさんいるとバカにされてるように
感じるのは自分だけかなぁ。


R0016477s


続きを読む "■珍建築散歩・四谷3丁目駅~曙橋駅"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

■なか安(八王子市)

ワンダーJAPAN17号で復元された補陀落渡海船を紹介したが
原稿を書くときには時間がなくて読めなかった
井上靖の「補陀落渡海記」を今頃になって読んだ。

渡海記というからには、釘を打ち付けられ閉じ込められた屋形船の中で
上人が飢え苦しんでいく過程が想像力豊かに書かれているのかと思った。

しかし、残念ながら物語のほとんどは、渡海の日までの様子を綴ったもので
それも、過去に渡海した上人はああだった、こうだったという記述ばかり。
自分の意思とは関係なく渡海せざるをえない状況になった金光坊の目で
それが書かれている。

渡海船の中でのことは、即身成仏ではないが体験したものは
そのまま亡くなってしまうわけだから、残っている資料も少なく仕方ないのだろう。
(当時は死ぬというより、観音浄土=補陀落=ポタラ=ポータラカへ到達するとされた)

中の様子を知るには、長時間録画できる大容量HDD内蔵の超高感度CCDカメラでも
取り付けていれば話は別だが、それだと、映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」に
なってしまうかも・・・あるいはもっとすごい映像になってしまいそうだ。


clover       clover       clover


ワンダーJAPAN17号で、八王子の珍建築「なか安ホテル」を紹介したのだが
ページ数が少なくて欲求不満だったのでその素敵な姿をもうちょっと出しておきたい。

ネットで調べても、ほとんど画像が出てこないのが不思議だ。
こんなにおもしろいのに。


Img_0605rs


正月に実家に帰ったときに夜チラッと確認したかぎりでは
「なか安」の看板が光っていたので、休業とはいえホテルはまだ健在らしい。
(ちなみにすし市場 なか安はガンガン営業してるので誤解なきように)


Img_0649rs


続きを読む "■なか安(八王子市)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

■舞洲工場(大阪)

現在、12月17日発売のワンダーJAPAN17号を鋭意制作中です。
無謀にも32ページ増やしてしまった関係で作業に追われまくりで
目がグルングルンまわっている状況ですが、まあそれはいつものこと。

それよりも、たいへん心苦しく、申し訳ないのですが
定価が400円も上がってしまいます。

Cocolog_oekaki_2010_11_24_01_27

1200円×年4回=4800円 → 1600円×年2回=3200円

なのですが、1冊で1600円は正直高いと思います。
そのぶん、よりディープに、より濃く、よりマニアックに突き進んでいます。
ぜひそのご自身の目で、これが1600円払う価値があるかどうかを見極めてください。
目利きなみなさまのお眼鏡にかなうことを祈ってます。

clover       clover       clover

ワンダーJAPAN創刊号で小嶋独観子さんが紹介してくださった
フンデルトヴァッサー設計の舞洲の清掃工場です。

Img_1808s

ぼくはいろんなことをしょっちゅう勘違いして、いつも自己嫌悪に陥ってるのだが
この「舞洲」も、「まいす」とずっと読んでいて、途中で正しくは「まいしま」だと気づいた。

Img_1797s


この、地元では「USJよりも目立つ」と言われている大阪の清掃工場は
たまたま取材でベイエリアを訪れたときに、目に飛び込んできて
思わず予定外ながらもつい撮影してしまったものだ。

続きを読む "■舞洲工場(大阪)"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

■気になるビル(東京都豊島合同庁舎)

昔、音楽之友社のレコード芸術編集部で長いことバイトをしていた。
(クラシックのことは何も知らなかった)

月刊誌だったので、2週間ほど仕事を手伝い2週間ほど休んでは
旅行に出かけるかなり贅沢な日々だった。

国東半島で石仏を見たり、夏の比叡山をひとりブラブラしたり。
(ワンダーJAPANの記事で扱うようなところにはあまり行かなかった気がします)

そして毎月校了日には出張校正があり
江戸川橋の「石ばし」という老舗うなぎ屋でうな重を食べた。

それまでうなぎが嫌いだったのだが、初めてうなぎのおいしさを知った。
何十回食べたか忘れたけど、十何年かぶりに今日また食べた。
十数年前に比べ値段はかなり上がったが、変わらぬおいしさに感動。

うらぎが嫌いな人にぜひ食べてもらえたら!
相当な人気店らしく予約しないと飛び込みで食べるのは
かなり難しいみたいですが。。。

clover      clover      clover

「珍建築」というほど風変わりなものじゃないけど
いつも近くを通るたびにマジマジと見入ってしまう
そんなお気に入りの建物があちこちにある。

この池袋の西口にある東京都豊島合同庁舎の建物もそのひとつ。

(…これ、たしかブログでまだ載せてない気がするんだけど
もしかして載せてたかな。載せようと思っていてほったらかしになっていたはず。
なので、撮影したのが冬だったりしてます)

Img_1541s

続きを読む "■気になるビル(東京都豊島合同庁舎)"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

■夜の長野駅前

まずは告知から。

4月27日から5月10日まで新宿コニカミノルタプラザ(フルーツの高野4F)で
「オープロジェクトpresents「軍艦島全景 -未来の記憶-」という
映像画像を駆使した軍艦島WEEKが開催されています。

Img_5909rs

続きを読む "■夜の長野駅前"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

■ワンダーJAPAN15号に載せられなかった画像 その1

那覇方面から嘉手納高校そばの戦争遺跡へ向かう途中に
「ん、廃墟?」と勘違いした建物。

Img_9603rs

建物の上のほうに落書きがされていたので
てっきり使われていないビルかなと。

でも、ズームアップしてみると…

続きを読む "■ワンダーJAPAN15号に載せられなかった画像 その1"

| | コメント (1) | トラックバック (0)