珍寺・珍神社

2012年10月14日 (日)

■こんなところに《異空間》への入り口が!という話 その2

10月19日(金)、いよいよ『産業遺産の記録』が発売となります。
表紙は、本書では12ページも割いている軍艦島!

Sangyoisan_coverrs

長崎市や「軍艦島を世界遺産にする会」のご協力もあり
非常に貴重な画像が多数収録されています。
長い間、島全体が廃墟然としてましたが、
緑が予想以上に生い茂っています▼


R0017539rs

▼もうひとつ! 収録されている尾去沢鉱山・・・の画像(これももっといい写真が載ってます)。

Img_8434rs

こちらは炭坑ではなく、金や銅が採れたところ。
「産業遺産の記録」には、炭坑、非鉄金属鉱山、近代建築、土木、戦争遺跡など
さまざまなジャンルの魅力的な産業遺構が収録されます

ぜひご覧いただければ!


clover          clover         clover

もうひとつ、告知です。

上の『産業遺産の記録』発売を記念して、10月21日(日)18時から
大阪・千日前にある西日本サブカルの王様「味園ビル」内の「なんば紅鶴」にて
「産業遺産の記録」出版記念! 第一回ワンダーナイト!~産業遺産編~」という
トークイベントを行います。
1500円(drink別)。当日券もかなり用意するそうですが、
予約がおすすめ!メールで予約するとか。

出演は私のほか、「産業遺産の記録」の著者J-heritageの理事長・前畑洋平氏と
同じく特別監修で、ロングセラー『軍艦島 全景』オープロジェクトの黒沢永紀氏。

詳細はこちら

clover          clover         clover

続きを読む "■こんなところに《異空間》への入り口が!という話 その2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

■巨石ゴロゴロの山梨岡神社(山梨市)

2、3日前、春なのに寒いなーとか思ってたんですが、
2年前の2010年の春、山梨・長野へ取材に出かけた出発日の朝は
なんと雪が降ってたんですよね。
いま、考えてもびっくり。
この日は東京で雪、山梨では途中から快晴、そして夏日になってました。

突然、夏日のような日差しがあったり、やたら寒かったり。
4月は寒暖差が激しいので、みなさん体調を崩されることのないよう気をつけてください!

ちなみにぼくは今朝は電子ピアノの角に腰を強打し
実家の八王子では、車の側面をガレージの柱に強打。
踏んだり蹴ったりでした。自分が悪いんだけど。
そしていま、左右の奥歯がなんとなく痛み出し、
今週は歯医者へ行かなくては。。。は(歯)ぁ〜。

すでに紹介していたと思ったこの不思議な神社が
まだブログに載せてなかったようなので紹介します。

自分がいままでに何を紹介したか、だんだんわからなくなてきたので
よくブログ内検索で確かめてから書くことにしてるんですが
まぁ、ダブったらクスって笑ってください。


clover          clover          clover

Img_1359rs

「山梨岡神社」は山梨県に2つあるが、こちらは山梨市の方。
場所その他詳細はウィキペディアのこちらをどうぞ。
 
建物は地味。

Img_1309rs

宝物殿も地味。


Img_1308rs

続きを読む "■巨石ゴロゴロの山梨岡神社(山梨市)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

■謎のお寺・那智山 奥之院(滝見寺)

8月14日(日)、夏コミへ。
心なしか節電? まさかの夏コミ節電??(+_+)
汗かきなので、2リットルぐらい汗かきました。死ぬかと思った((+_+))

この汗を「コミケスウェット 2000ml」として売りたかった。。。

その後、新橋というか有楽町近くで水分補給(アルコールは水分補給にならないらしいけど)。

帰り、有楽町駅に着くと、こんな光景に出くわした。

R0016703rs
  
  
大竹伸朗氏の新作?
道路や船が航行する河川の上に架けられた高架橋には
橋脚を守るために保護構造物(あれの正式名称はなんでしょう?)が設置されているが
ここでも、見事に橋脚の手前で車の衝突から
高架橋をガードしていた。Good job!

高架橋をガードするから、橋脚ガード(guard)と以前、本誌で書いてしまったけど
高架を橋桁(girder。プレートガーダー橋のガーダー)から、ガードと呼ぶので」
紛らわしかったなと反省してます。

ちなみにこの車、初心者マークがついてました。
ご無事だといいのですが。


clover     clover     clover

続きを読む "■謎のお寺・那智山 奥之院(滝見寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

■日本仏教の聖地・高野山 奥の院の異空間(その2)

源氏物語は今から1000年前に書かれた。
学校では、1000年前のことは勉強するのに
どうして1000年後のことをシミュレーションしたり、議論をしないんだろう。

温故知新もいいけど、人々がもうちょっと未来のイメージを共有できれば、
いまの無益な争いも、もうちょっと抑えられると思うんだけどなー。

…ヨーロッパがEUとなっていったように、アジアもTPPによってAUへ。
EUの成功と失敗があるんだから、AUへの道はかなり楽だ。
経済圏はいくつかにまとまり、やがて関税の全撤廃、世界統一貨幣…

なんて、たまにはまじめなことも考え、大きなことを考えて、
目の前の小さな悩みを忘れちゃおうという魂胆です。

あとすこし、おなかをへこませたい。


clover     clover     clover


高野山は約1200年前の開山。源氏物語よりももっと古い。
ここにあるお墓は世界一趣のあるもので、とてもワンダーだと思う。


Img_8876rs

杉木立、それも樹齢千年を超える老杉・巨木が文字通り林立。


Img_8899rs


その中に、墓、墓、墓。

続きを読む "■日本仏教の聖地・高野山 奥の院の異空間(その2)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

■日本仏教の聖地・高野山 奥の院の異空間(その1)

創刊号、珍寺大道場の小嶋独観さんの写真と文で
また、17号でも自分の写真と文で紹介した高野山 奥の院。

去年、すこしだけブログでも紹介した。

しかし、これだけではその魅力を全然伝えきれなくてもどかしい。

弘法大師の眠る場所に墓を建てたいと、皇室・公家から戦国大名まで
競って墓を作ったために、ここにお墓を建てることがステータスとなり
いまでは一流企業のお墓(慰霊塔・慰霊碑)までもが目白押し。

比叡山と並ぶ日本仏教の聖地に、こんなにもものすごい≪異空間≫が
ポッカリと口を開けているなんて。

まずは有名な企業のお墓関係から。


新明和工業株式会社の慰霊碑。

Img_8782rs_2

戦前からある兵庫の航空機メーカーの慰霊碑だ。
水陸両用飛行機からゴミ収集車やミキサー車といった特殊車両まで造っている。

夢はロケットの製造なのだろうか。

そして、これも有名なしろありのお墓。

Img_8789rs

日本しろあり対策協会が建てた、しろありを供養するお墓。

しろありを退治しまくるので、罪滅ぼしということなのだろうか。
人間にとっては害虫であるしろありも、やつらは生きるために
食べたいものを食べているにすぎないのであって、しろありに罪はないはず。


続きを読む "■日本仏教の聖地・高野山 奥の院の異空間(その1)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

■荒尾大師の満開の桜の下で(熊本)

「廃線跡の記録2」の発売からすぐに九州取材の下調べを行い
4月の頭に鹿児島~熊本へ。
帰京して画像を整理しつつ、今度は都内を自転車であちこちまわり
気になる珍建築をいくつもたくさん撮影。

いつのまにかまたひとつ年をとりつつ早くも4月も下旬! うわ!

ブログの更新がめっきり止まってしまった。

鹿児島は初日こそ天気が悪かったけれど
あとは快晴で、しかも東京より一足早く桜が満開。

今年、のんびり桜を愛でる余裕がなかった方へ九州の桜をお届けします。


Img_3154s
  
  
ここは取材の予定には入っていなかったんだけど
たまたま白塗りの大仏の姿が目に入ったので寄ったところ。


Img_3208b


熊本の荒尾大師だ。
 
 

続きを読む "■荒尾大師の満開の桜の下で(熊本)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

■歌舞伎町周辺の珍建築4(東京・新宿)

ブログを書いていたら、いつのまにかソファーで寝ていた。
朝7時に寝なおして、起きたら午後3時。

久しぶりの休日が・・・。

CSで映画「Driving Miss Daisy」がやっていたので
途中からだったけど、なんとはなしに見てしまう。

ユダヤの老未亡人(ジェシカ・タンディ)と
黒人の雇われ運転手(モーガン・フリーマン)の話。

これ、なかなか味わい深いいい映画だった。
気持ちが前向きになりそうで。
脚本がよくできてる。

日曜日、夕方近くまで寝てしまって1日をムダにしてしまったときに
ムダをかなり取り戻してくれるんじゃないかと思う。


clover          clover          clover

軍艦マンション見学会へ行った帰り、会社に戻る道すがら。

まず、すぐそばにあった神社でちょっと休憩。
歌舞伎町周辺にある神社といえば花園神社が有名だけど
稲荷鬼王神社もけっこうおもしろい。


Img_5903s_2

小さな神社なんだけど、まず、富士塚がある。

Img_5894s

日本一の繁華街近くにこんなものが。
こちらにも塚がある。

Img_5892s


続きを読む "■歌舞伎町周辺の珍建築4(東京・新宿)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

■緊急告知 ワンダーJAPAN TV、一挙放送! の巻

(MONDO21改め)MONDO TVにて、これまで放送してきた
「ワンダーJAPAN TV」を、明日、一挙に放送します。

12月5日(日)正午12:00~17:00
第1~10回までの放送分を5時間一気にお届け。

12月12日(日)正午12:00~13:30
残り第11~13回は、3回分を連続して放映。

詳細。

もちろん、第4回放送「ガマランド」のこの人(カエル)も

Img_4327rs
   
   
そして、 

続きを読む "■緊急告知 ワンダーJAPAN TV、一挙放送! の巻"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

■柳森神社(東京・神田)

肌が乾燥するシーズンですね。
顔面はすぐテカるくらい脂分が多いのに、なんで手はカサカサするんでしょ。

最近、駅なんかでも女性がよく手にクリームを塗っているのを見かけるんですが
あんまり速く手を動かさないほうがいいと思うんですけど。

タモさんの形態模写じゃないけど、どうみてもハエに見えます。


■もしもワンダーJAPAN編集部近くまでのPART 2

会社から北、神田川の方に歩いて5分ぐらいのところに
昼間、猫とタバコを吸うサラリーマンで溢れかえった小さな神社があります。

R0012175rs


大きな地図で見る

千代田区は歩行喫煙禁止区域なので、コンビニの前とかで
喫煙してるサラリーマンをたくさん見かけるけど
この神社もなぜか狭い境内にサラリーマンが溢れかえってます。
(※注 プライバシーに配慮して溢れかえってない写真載せてます)   

R0012178rs


猫。

R0012179rs

ここにも猫。

R0012172rs

ここはたぬきに縁があるそうな。

R0012202rs

フムフム。

R0012196rs

ん?

R0012183rs

ちょっとイっちゃってる?

R0012184rs

えー? これはタヌキではないような。


R0012186rs

どっちにしてもでかすぎな・・・なんでしょ、これ?
こんなのもあります。

R0012191rs

鳥居のとこで見たネコかな、これ。
サラリーマンが撫でようとすると嫌がってました。

R0012203rs

一心不乱に水を飲んでたので、ノドが乾いてたんですねー。


R0012206rs

ベロが長いな。
    
    
    
    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

■ふつうの観光スポット(長野)

気分転換にちょっと長野・斑尾高原へ逃避行。

まったくのオフなので、ふつうの観光スポット、
戸隠そば、戸隠の忍者からくり屋敷と善光寺の戒壇巡りなどを味わい尽す。

金沢に取材に出かけたとき、忍者寺・妙立寺も近くを通ったのだが
この手のからくり屋敷って原則撮影NGなので
(たしかにからくりが公開されてしまうと魅力も半減しますよね)
事前に申し込みもしてなかったので諦めて素通りしてしまった。

そのときの無念が、この戸隠の「忍者からくり屋敷」で晴れた。


R0013100rs

やっぱり内部は撮影してないけれど、ここはだまされたと思って
近くに用があったらぜひ行ってみてください。
いや、これのためにここまで行ってください。

何がすごいって、からくりがすご過ぎて屋敷からの脱出が
大人でも脂汗がタラタラ出るほどすごい難しいから。

いくつもの部屋があって、秘密の抜け道を自力で見つけ出しながら
次の部屋へとステージアップしていくんだけど
それにしてもよくこんなにも複雑に作ったもんだと
感心するやら驚くやら。

他のお客さんが脱出できなくなって、こちらに助けを求めてきたんだけど
こっちも迷ってばかり。かなりあせった。

おまけに途中にある全体が斜めに作られたトリック部屋で
三半規管を狂わされて、軽く気持ち悪くなったり。。。

いままでにも忍者屋敷かなり行ったけど、ここはやられたなぁ。
こんなリアルドラクエ、ちょっとないですよー。

屋敷を出ると、こっちの建物でまたさらにゲロッパー。

R0013097rs

お堂に入ると赤外線センサー?が反応し、揺れる揺れる。


あと、もうひとつ、善光寺の有名な「戒壇巡り」。
夏休み+ETC割引+山門特別公開とあって、
参拝客もかなり多かったせいか戒壇巡りもかなりな長蛇の列。

※こちらも内部の画像はないです。すいません。

R0013164rs

真っ暗闇の中を、人がいっぱいで渋滞し、超ゆっくり進むものだから
恐怖感倍増。

怖くなったり具合が悪くなったりで
途中で引き返して出てくる人がけっこういた。

結局、ぼくも何が何だかわからないまま、壁をずっと触ったまま
いつの間にか出口の明かりが。
あれ、極楽浄土への錠前なんてあったかな、という具合。

暗闇で、この錠前を触ると極楽浄土を約束されるらしいけど
う〜ん、まあいっか。
とりあえずこれで、生まれ変わったみたいな感じを味わったし。

ふつうの旅もまだまだ捨てたもんじゃないなー。         
         
         
         
         
         

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧