« ■ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》700と花園神社の深酒深夜徘徊 | トップページ | ■こんなところに《異空間》への入り口が!という話 その1 »

2012年9月12日 (水)

■多摩川の上をまたぐプレハブ(画像追加)

かなり長いことブログを休んでしまうと
再開がとってもやりにくくて、なんだか気恥ずかしい。
  
先日、青梅〜奥多摩へ行ったときのこと。
心は多摩川べりで見た巨大な要塞奥多摩工業に圧倒されつくしていたのだが、


Img_0653rs_2

※似たような画像ばかりだったので圧倒されつくした画像を追加しました。

次の場所へ移動するその道すがら、なんとなく気になった建物が目に入り、
車を適当なところに停めて、数十m徒歩で逆戻りした。


それは、なんてことのない風景だった。


  
R0017908rs
  
  
 
青梅線のアーチ橋に向こうに見えたのは
もう使われていないのか、放置されたプレハブの建物が一軒。

砂防ダム(床固工?)状の構造物に設置された架け橋のよう。
なぜわざわざこんな川の流れの上に建物を建てたのだろう。
他に建物を建てる安定した場所がなかったのか?

Img_1068rs

どうしてもここに建てたかった理由があるのだろうか。

もしかしたら川の流れの音が絶えず聞きたくてここ建てたのかもしれない。
もしかしたら部屋にいながらにして渓流釣りでもしたかったのかもしれない。

そういうことをいろいろ考えさせる光景は
他人には別にどうってことのない風景で、
誰もわざわざカメラを向けないのかもしれないけど
人は人、自分は自分。

「まだ、そんなもの撮影してるんだ?」と言われても
好きなものは好きなんだから、きっとこれからも
こうしたさまざまな妄想遊びのできる風景を撮り続けるんだろう。
  


R0017906rs

似たようなもので、撮りたいものをたくさん撮ると
だんだんと自分がなぜそれを撮りたいのかが見えてくる。

表面的にただきれいなだけの写真は退屈で、本物を見てる方がいいけれど
一見なんの変哲もない風景のクセして
そのなぜ撮りたくなったのかが見える写真だと、なぜかやっぱりおもしろい。
  
圧倒されるものもいいけど、じわじわくるものも捨てがたい。
  
  


|

« ■ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》700と花園神社の深酒深夜徘徊 | トップページ | ■こんなところに《異空間》への入り口が!という話 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/46928800

この記事へのトラックバック一覧です: ■多摩川の上をまたぐプレハブ(画像追加):

« ■ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》700と花園神社の深酒深夜徘徊 | トップページ | ■こんなところに《異空間》への入り口が!という話 その1 »