« ■熱海DEEPスポット(画像放出!) | トップページ | ■創刊20号とラジオ出演と志免炭坑 »

2012年4月23日 (月)

■巨石ゴロゴロの山梨岡神社(山梨市)

2、3日前、春なのに寒いなーとか思ってたんですが、
2年前の2010年の春、山梨・長野へ取材に出かけた出発日の朝は
なんと雪が降ってたんですよね。
いま、考えてもびっくり。
この日は東京で雪、山梨では途中から快晴、そして夏日になってました。

突然、夏日のような日差しがあったり、やたら寒かったり。
4月は寒暖差が激しいので、みなさん体調を崩されることのないよう気をつけてください!

ちなみにぼくは今朝は電子ピアノの角に腰を強打し
実家の八王子では、車の側面をガレージの柱に強打。
踏んだり蹴ったりでした。自分が悪いんだけど。
そしていま、左右の奥歯がなんとなく痛み出し、
今週は歯医者へ行かなくては。。。は(歯)ぁ〜。

すでに紹介していたと思ったこの不思議な神社が
まだブログに載せてなかったようなので紹介します。

自分がいままでに何を紹介したか、だんだんわからなくなてきたので
よくブログ内検索で確かめてから書くことにしてるんですが
まぁ、ダブったらクスって笑ってください。


clover          clover          clover

Img_1359rs

「山梨岡神社」は山梨県に2つあるが、こちらは山梨市の方。
場所その他詳細はウィキペディアのこちらをどうぞ。
 
建物は地味。

Img_1309rs

宝物殿も地味。


Img_1308rs

でも。

Img_1353rs

こういう巨岩があちこちに。

Img_1356rs

ここに来たのはたぶん2度目。
20年以上も前、20代、初めてのバイクツーリングでだった思う。


Img_1428rs

山梨県には謎の巨石文明の名残があるという「ムー」の記事に触発されて。

Img_1432rs

20代にバイクであちこち出かけてたことがあって
そのときに行き先を決めるのに参考としていたのが
「ムー」と「アウトライダー」という雑誌だった。

オカルトは信じてないけれど、オカルトエンタテインメントはありだと
いまでも思ってるので、「ムー」はおもしろい雑誌だと思う。

「アウトライダー」は当時は、異彩を放つバイク旅行誌だった。
あのときの見開きページで紹介された写真は、「そこへ行きたくなる衝動」を
自分の中に生み出していたし、いまのワンダーJAPANを作るときにも、
なんとなく影響があらわれているかもしれない。

山梨岡神社、というか石森山の案内図。
敷地内には日本武尊が腰掛けたという岩もある。
さらにダイダラボッチが築いたという伝説もあるそうだ。

Img_1436rs

Img_1438rs

巨石に押しつぶされそうだけど、かくれんぼしたくなる巨石群。

Img_1459rs


Img_1462rs

不思議。

Img_1469rs

こういうのは自然すぎて、ワンダーJAPANでは
微妙に扱いにくいものだったりします。
ナショナル・ジオグラフィックなんか向きかなと。

Img_1499rs


Img_1514rs

まあ、ワンダーJAPANに載るとか載らないとかは
仮に決められた雑誌の方向性に従っているだけなので
載らなくてもおもしろいものはいっぱいあるはずだ。


Img_1519rs

巨石ゴロゴロは信仰の対象になっている。
そこに、さまざまな想像が働くからかもしれない。

Img_1528rs

大手マスコミが紹介しないようなもので
(すでに紹介されてるものをさらに紹介してもね。切り口が違うならいいけど)
さまざまな妄想を思いおこさせる(物語が生まれそうな雰囲気をもつ)風景や建物、
なるべく人工物で、そういった意味を考えて、ワンダーJAPANは作っているんだけど
山梨岡神社などは、ちょっと載せようかどうしようか迷ってしまう物件です。

それにしてもいい天気だったな、この日は。
早朝、雪が降っていたなんてまったく想像できないですねー。
  
  
  
  

   
  
  
  


|

« ■熱海DEEPスポット(画像放出!) | トップページ | ■創刊20号とラジオ出演と志免炭坑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/44986502

この記事へのトラックバック一覧です: ■巨石ゴロゴロの山梨岡神社(山梨市):

« ■熱海DEEPスポット(画像放出!) | トップページ | ■創刊20号とラジオ出演と志免炭坑 »