« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

■Ashes to Ashes/東京都中央区の廃墟風ビル

David Bowie の"Ashes to Ashes" のメランコリックなメロディが
ふとしたことで頭に浮かんで、どうしても頭から離れなくなり
1980年にリリースされた“SCARY MONSTERS”をiPodに入れた。

Ashes to Ashesは「灰は灰に」。
地は地に、灰は灰に…と埋葬のときなんかに言う言葉でもある。

Earth to earth; ashes to ashes, dust to dust.
地は地に、灰は灰に、塵は塵に…

脳にこびりつく〜〜〜〜。

このアルバム“SCARY MONSTERS”の1曲目、IT'S NO GAME(Part1)は
日本人女性の朗読がフィーチャーされた独特な曲で
こちらもギターがいいなー、誰だろって思ったら
ロバート・フリップ(キング・クリムゾンの、といっていいのか?)でした。

興味ある方はこちら↓
http://youtu.be/E6hEcDt8HZI

どこかで紹介したかもしれないけど、こちら↓の超絶かっこいい曲で
椅子に座ってギター弾いてるのがロバート・フリップ。

この曲の場合、左側のチャップマン・スティックという細長い楽器をあやつるトニー・レヴィン、
歌いながら、これもギターでエレファントそっくりな再現を行う
エイドリアン・ブリューもすごすぎて鳥肌ものなんだけど、その後
アフリカンビートロックの中心は、トーキング・ヘッズが担っていったように思う。

続きを読む "■Ashes to Ashes/東京都中央区の廃墟風ビル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

■謎のお寺・那智山 奥之院(滝見寺)

8月14日(日)、夏コミへ。
心なしか節電? まさかの夏コミ節電??(+_+)
汗かきなので、2リットルぐらい汗かきました。死ぬかと思った((+_+))

この汗を「コミケスウェット 2000ml」として売りたかった。。。

その後、新橋というか有楽町近くで水分補給(アルコールは水分補給にならないらしいけど)。

帰り、有楽町駅に着くと、こんな光景に出くわした。

R0016703rs
  
  
大竹伸朗氏の新作?
道路や船が航行する河川の上に架けられた高架橋には
橋脚を守るために保護構造物(あれの正式名称はなんでしょう?)が設置されているが
ここでも、見事に橋脚の手前で車の衝突から
高架橋をガードしていた。Good job!

高架橋をガードするから、橋脚ガード(guard)と以前、本誌で書いてしまったけど
高架を橋桁(girder。プレートガーダー橋のガーダー)から、ガードと呼ぶので」
紛らわしかったなと反省してます。

ちなみにこの車、初心者マークがついてました。
ご無事だといいのですが。


clover     clover     clover

続きを読む "■謎のお寺・那智山 奥之院(滝見寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

■日本仏教の聖地・高野山 奥の院の異空間(その2)

源氏物語は今から1000年前に書かれた。
学校では、1000年前のことは勉強するのに
どうして1000年後のことをシミュレーションしたり、議論をしないんだろう。

温故知新もいいけど、人々がもうちょっと未来のイメージを共有できれば、
いまの無益な争いも、もうちょっと抑えられると思うんだけどなー。

…ヨーロッパがEUとなっていったように、アジアもTPPによってAUへ。
EUの成功と失敗があるんだから、AUへの道はかなり楽だ。
経済圏はいくつかにまとまり、やがて関税の全撤廃、世界統一貨幣…

なんて、たまにはまじめなことも考え、大きなことを考えて、
目の前の小さな悩みを忘れちゃおうという魂胆です。

あとすこし、おなかをへこませたい。


clover     clover     clover


高野山は約1200年前の開山。源氏物語よりももっと古い。
ここにあるお墓は世界一趣のあるもので、とてもワンダーだと思う。


Img_8876rs

杉木立、それも樹齢千年を超える老杉・巨木が文字通り林立。


Img_8899rs


その中に、墓、墓、墓。

続きを読む "■日本仏教の聖地・高野山 奥の院の異空間(その2)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »