« ■バッハの螺旋音階とツタダラケ | トップページ | ■東京スカイツリーを見に行く »

2011年7月11日 (月)

■遠くに超高層タワーが見える

ワンダーJAPAN18号の珍建築特集で都内をさまよっていたら
第一京浜沿いで、真っ赤な鳥居が目立つ日比谷神社に出くわした。

Img_3936s

共同通信などが入った汐留メディアタワーをバックに、小さな社殿が
真紅の鳥居の向こうに見える不思議な光景だ。

激しい再開発の嵐の中でも神社仏閣は古い土地の記憶を留めていく。
コンビニやガソリンスタンドもめまぐるしく様変わりする現代において
神社仏閣はとても大事なランドマークになるから、こうして目立っているのは
地図を見る際にはとても役に立つ。
 
 

曙橋から四谷へ向かう途中で見かけた高層マンション(?)。

Img_5317s

高台の一部が削られてできた駐車場。
その低くなった部分の向こう側なので、建物はより高く感じる。

以前にも載せたけど、街の向こうに見えるNECビル、微妙に異なるカット。

Img_3991s

この方向から見える姿はなんともいえない風情だ。
そうして思い出したのが、ワンダーJAPAN6号のために
撮りためた背後に超高層ビルが見える画像。

背後に泉ガーデンタワー見える町並み。
Img_3325s

2階建ての一軒家がいい味を出している。


6号で紹介した画像と同じもの。背後に六本木ヒルズが見える町並み。

Img_3003s

2008年に廃業した麻布十番温泉の看板が右側に見える。


こちらは山王日枝神社境内かtら見たプルデンシャルタワー。

Img_2726s

昔、ホテルニュージャパンがあった場所に立つ超高層ビルだ。
国会議事堂を正面から撮影すると、どうしてもこの
プルデンシャルタワーもはいってしまうらしい。

こちらも、本誌で使った画像と同じ六本木ヒルズ。
左が六本木ヒルズ森タワー、他が六本木ヒルズレジデンス。


Img_3081s

この辺に住んでる方は、昼間、帰宅したときなど、
いつもこんな光景が目に飛び込んできては何を思うんだろう。

そして、こちらも森ビル関係、愛宕グリーンヒルズの
オフィスが入る愛宕グリーンヒルズMORIタワーが見える街。

Img_1231s_2

どの辺で撮影したのか、あまりよく覚えてないけど
東京タワーと愛宕神社の間を彷徨していて目にした光景だ。

港区でも下町っぽい雰囲気があり、意外に思っていた。

古い建物と新しい建物が織り成すコントラスト。
こうした光景もやがて見られなくなるのだろうか。
  
  
   

|

« ■バッハの螺旋音階とツタダラケ | トップページ | ■東京スカイツリーを見に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/40762322

この記事へのトラックバック一覧です: ■遠くに超高層タワーが見える:

« ■バッハの螺旋音階とツタダラケ | トップページ | ■東京スカイツリーを見に行く »