« ■熊本市内のプチワンダー 非常階段と空中連絡通路とポスト | トップページ | ■遠くに超高層タワーが見える »

2011年7月 8日 (金)

■バッハの螺旋音階とツタダラケ

ワンダーJAPAN18号で、熊本・三角港にある「海のピラミッド」を紹介したのだが
ぼくの頭の中では、

螺旋=バッハのキメ旋律

そんな図式ができてしまっていて、なにか文章を書くのでも、
あるいはバッハの魅力を語るときにでも(語っちゃいます、クラシック素人ながら)
この図式につい言及してしまう。

Img_1647s

寄せては返す波のような動きの中で、
音階がゆったりと上がっていき、また降りてくるその姿は
生理的な快楽に通じるものがあるのでは、と直感で思うんだけどどうだろう。


あそこの文章で紹介したバッハの超有名な曲のひとつ。
『心と口と行いと生活で』(Herz und Mund und Tat und Leben)BWV147の中の
「主よ、人の望みの喜びを」はこんな曲だ。
アーノンクールの指揮で。

もうちょっとテンポを落としてもいいかなと思うけど、
心のデトックスがバンバンできるいい曲と思いません??

もうひとつ、大好きなグレン・グールドの「インベンションとシンフォニア」から
Sinfonia No. 2 in C minor

この曲を聴くと、いつも自分の心の奥底の奥底・・・どんどん沈潜していってしまう。
いつものようにタイプライターの音のようなイスの雑音?とか、グールドのうなり声が聞こえるんだけど
それらを全部含めて、音楽のもつ「カンタービレ」の力みたいなのを感じないではいられない。

鍵盤入門者向けの、すごく音符の少ない楽曲なのに
なんでこんなに深遠な曲になってしまうんだろ。

まさにカンタービレ!

そんな音楽が聴こえてきそうな、建築というのもいいなって思う。

clover          clover          clover

本誌ではモジダラケが、あちこちで波紋を呼んでるみたいですが
植物ダラケの建物も、定番として魅力があるものだと思う。

Img_5090rs

ツタノカラマルチャペルデ・・・なんか、そんな歌があったような気がするが
ツタノカラマル建物に都内で遭遇。

Img_5100rs

ヒゲが立派なバロン、そんな建物だ。


Img_5102rs

町内に1軒ぐらい、こういうのがあるといいと思う。

Img_5113rs


なんか、部屋のすみっこで見つけた埃の塊のようでもあるけど

Img_5096rs

いや、まあ、そんだけです。

ツタダラケの家、植物ダラケの家、ネタが集まれば特集を組みたいなー!

  
  
  
  


|

« ■熊本市内のプチワンダー 非常階段と空中連絡通路とポスト | トップページ | ■遠くに超高層タワーが見える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/40719744

この記事へのトラックバック一覧です: ■バッハの螺旋音階とツタダラケ:

« ■熊本市内のプチワンダー 非常階段と空中連絡通路とポスト | トップページ | ■遠くに超高層タワーが見える »