« ■公園遊具~巨大カブトムシの巻 | トップページ | ■トタンハンター »

2011年4月18日 (月)

■荒尾大師の満開の桜の下で(熊本)

「廃線跡の記録2」の発売からすぐに九州取材の下調べを行い
4月の頭に鹿児島~熊本へ。
帰京して画像を整理しつつ、今度は都内を自転車であちこちまわり
気になる珍建築をいくつもたくさん撮影。

いつのまにかまたひとつ年をとりつつ早くも4月も下旬! うわ!

ブログの更新がめっきり止まってしまった。

鹿児島は初日こそ天気が悪かったけれど
あとは快晴で、しかも東京より一足早く桜が満開。

今年、のんびり桜を愛でる余裕がなかった方へ九州の桜をお届けします。


Img_3154s
  
  
ここは取材の予定には入っていなかったんだけど
たまたま白塗りの大仏の姿が目に入ったので寄ったところ。


Img_3208b


熊本の荒尾大師だ。
 
 

遠めには純白の姿だけど、近くで見ると…。
詳細はワンダーJAPAN18号に載せる予定です。

ここの桜の見事な咲きっぷりにうっとりしてた。

Img_3178s

 
この大師様、平日の昼頃ではあるけれど、自分以外は誰もいない状態。
珍寺・珍スポットではありがちなのだが、このときもまさにそれ。

「満開の桜の下で」(BY坂口安吾)大師様を独り占め。


Img_3181s


快晴で風もあって、ときどき桜吹雪が舞う。


Img_3184s


さっきのカーブ、実は曲がり損ねてたかな。
あの世にきてしまったかな。

Img_3189s


もうそんな感じだった。
死の瞬間、瞳孔が開き始め、あたりがとても明るくなっていく・・・。

Img_3190s
   
   
こうして桜を見ることができるのも、あと20~30回しかない。
  
人生ってほんと、帯に短し、たすきにも短し。
       
     
    
   
「火の鳥」を捕まえて、タンドリーチキンにして食ってしまいたい・・・。
  
  
  
  

|

« ■公園遊具~巨大カブトムシの巻 | トップページ | ■トタンハンター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/39650896

この記事へのトラックバック一覧です: ■荒尾大師の満開の桜の下で(熊本):

« ■公園遊具~巨大カブトムシの巻 | トップページ | ■トタンハンター »