« ■軍艦マンション見学会 | トップページ | ■「廃線跡の記録2」3月29日発売 »

2011年2月28日 (月)

■歌舞伎町周辺の珍建築4(東京・新宿)

ブログを書いていたら、いつのまにかソファーで寝ていた。
朝7時に寝なおして、起きたら午後3時。

久しぶりの休日が・・・。

CSで映画「Driving Miss Daisy」がやっていたので
途中からだったけど、なんとはなしに見てしまう。

ユダヤの老未亡人(ジェシカ・タンディ)と
黒人の雇われ運転手(モーガン・フリーマン)の話。

これ、なかなか味わい深いいい映画だった。
気持ちが前向きになりそうで。
脚本がよくできてる。

日曜日、夕方近くまで寝てしまって1日をムダにしてしまったときに
ムダをかなり取り戻してくれるんじゃないかと思う。


clover          clover          clover

軍艦マンション見学会へ行った帰り、会社に戻る道すがら。

まず、すぐそばにあった神社でちょっと休憩。
歌舞伎町周辺にある神社といえば花園神社が有名だけど
稲荷鬼王神社もけっこうおもしろい。


Img_5903s_2

小さな神社なんだけど、まず、富士塚がある。

Img_5894s

日本一の繁華街近くにこんなものが。
こちらにも塚がある。

Img_5892s


そして、もうひとつ、おもしろいのが水琴窟の存在。
地中に甕を埋めて、そこに落下する水の音を楽しむのが水琴窟で
広島の珍寺・現宗坊寺にもあった。

Img_5900s

耳を澄ませば聴こえるものもあるが、ここのは地中に差し込まれた
竹筒を通して聴くタイプらしい。

耳を当てると「偶然性の音楽」が聴こえてきて楽しい。

神社の後ろでギラギラと光っていたのはこの建物。
Collins37ビル

Img_5908s

さて、歌舞伎町といえば、あのビルはどうなったのかなと再び訪ねてみた。
第1回目の歌舞伎町珍建築で紹介した一番館ビル。

あった、あった。


Img_5937s

相変わらず目立っている。

   
Img_5959s

あれ、「第三地所」「一番館」の文字が消え、かわりに「三経75」の文字が。
この三経75ビル、ホストタワーとも呼ばれてるようだ。

↓こちら、1年前。

Img_0312rs

1年前の看板。

Img_0316rs_2


このころ、ビルは閉鎖されていてつぶれるのかと思ったら・・・
こちらが1年後。

Img_5958tr


テナントの数がものすごく変わってるんだど、今後どうなるんだろう。

一番館は、兄弟ビル、二番館がある。
それがこちら。

Img_5942s

一番館と違ってシンメトリー(線対称)なところはないが
定規のメモリみたいな模様はよく似ている。

Img_5946s

サッカーボールでシュート練習したくなるような的があったりして
なんだかかなり奇抜でややこしい感じのビルだ。


ラブホテルの廃墟がまだあった。

Img_5924s

この太刀魚みたいなギラギラした感じが、軍艦マンションの外装には
ぴったりだと思うんだけどどうですかねー。

Img_5931s


Img_5926s


なかなか美しいたたずまいの廃墟だ。
  
   
   
   
   

|

« ■軍艦マンション見学会 | トップページ | ■「廃線跡の記録2」3月29日発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/39038402

この記事へのトラックバック一覧です: ■歌舞伎町周辺の珍建築4(東京・新宿):

« ■軍艦マンション見学会 | トップページ | ■「廃線跡の記録2」3月29日発売 »