« ■明石海峡大橋が堪能できる「道の駅あわじ」 | トップページ | ■滅びの美学(なぜ廃墟に惹かれるのか?) »

2011年1月28日 (金)

■東銀座→神田、WJ風サイクリング(東京都中央区)

現在、「廃線跡の記録2」を制作している(3月発売予定)。


つい先日、打ち合わせのために、会社のある神田から、
デザインをお願いしている東銀座の水戸部さんの事務所まで
愛自転車「だるまさんがころんだ号」(いま命名)で往復した。

距離は3.1km(Googleマップでいま計測)。
行きはは、打ち合わせの時間が決まっていたので
脇目もふらず約25j分かけて現地へ。

冬なので寒いが、手袋がなくてもなんとか大丈夫だった。

帰りは、カバンから一眼レフを取り出し
気になる建物を見つけては、ちょっと止まってパシャパシャ。

東京の冬はこんなにも澄んだ青空なのに、ここのところ
ずっとデスクワークなので欲求不満が臨界点を超えそうだったし。


まず、東銀座→築地あたりでパシャリ。

Img_4927rs

電通テックの建物は、前から変な形だなーと思っていたビルだ。
設計は丹下健三。なるほど。どおりで。

「前から」というのは、実は、うちの会社は、以前、中央区京橋にあり
このあたり一帯はなんとなく見覚えのある土地なのである。

で、築地から新富町と、看板建築を押さえつつ、京橋1丁目へ。

あ、あった!
  
  
Img_4958rs
  
  
京橋MDIビルと兼松ビルという大きな建物に挟まれた場所に
そこだけ時空の流れに取り残されたかのように
古びた建物があって、いつも惹かれていたのだが
まだあって、よかった。
  
  

Img_4966rs


印刷業を営んでいたらしいのだが、まだ操業してるのだろうか。
古びた建物の横には、VIPカーが駐車されていて
よけい違和感があっておもしろかったりする。
   
   
ここは、以前会社があった場所から2~300mぐらいなので
携帯で、コンデジで、デジイチでと、しつこく撮ってた気がする。
   
   
昭和通りからすこし西へ移動して、中央通りを北上。
相変わらずデカいな、COREDO日本橋。
      

Img_4976rs_2


   
レストランやファッション関係のお店がかなりはいってる。
都心の巨大なビルって全体を入れるのに苦労する。
時間があれば建物を一周するのだが、帰社の途中なので2、3枚撮って終わり。

そこからさらに西へ、北へ。
日本橋三越本店ってこれか。
  
  

Img_4985rs
   
   
この真下に三越前駅がある。
地下鉄の半蔵門線と銀座線の乗り換えがで使うことはあるけど
地上には出たことがなかった。
百人一首の「これやこの~」って感じ?
  
  

Img_4989rs
  
  
    
あ、このビル、神田の方からも見えてたけど、ここ(日本橋)にあるのか!
高さ194m。日本橋三井タワー。

上半身と下半身が異なるケンタウロスみたいなビルだ。
  
(あ、日本建築学会賞受賞だって)  
  
  
  

Img_4994rs

  
  


その建物の向かいには、なんだ、この重々しい建物は!
と思ったら、日本銀行本店でした。
   
  
 
Img_4992rs
  
   
電車や首都高からもよく見えて、いつも重苦しい建物があるなーと
ずっと思っていたのだが、近づいて見ても
あらゆる窓に頑丈そうな鉄格子がはめ込まれていて
いかつさでは都内でもトップレベル。要塞のようだ。
   
もしもアルマゲドンだか、小惑星衝突とかなんかあっても(アバウト)
この中に逃げ込めば助かりそう。
でも、中に入れないので、建物のまわりには死体の山か。
そんな昼下がりの不吉な妄想を生み出すほどの存在感。
   

…日本銀行からさらに北上すると、300mぐらいですぐに神田駅が!
こんなに近いところに日本銀行本店があったのか!
    
知らなかった!!
  
いや、知ってたからって、ATMがあるわけでもないんですけどね。
   
   
   
しかし、いい気分転換になったかも。
次はどのへんを走ろうかな。
   
   
   

  


|

« ■明石海峡大橋が堪能できる「道の駅あわじ」 | トップページ | ■滅びの美学(なぜ廃墟に惹かれるのか?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/38637360

この記事へのトラックバック一覧です: ■東銀座→神田、WJ風サイクリング(東京都中央区):

« ■明石海峡大橋が堪能できる「道の駅あわじ」 | トップページ | ■滅びの美学(なぜ廃墟に惹かれるのか?) »