« ■手柄山中央公園の回転展望台 with 夜のコクーンタワー | トップページ | ■たまにはふつうの観光スポットを…(伊香保温泉) »

2011年1月 8日 (土)

■その後の猪名川クレー射撃場(やりなおし)

新年あけましておめでとうございます。

下書き保存と間違えて、書きかけのブログを公開してしまいました。
新年早々、今年もやっぱりサザエさん。。。

なんて気分を吹き飛ばす1曲。

Aerosmith - Walk This Way

1977年のエアロスミスのヒット曲。
印象的なギターリフ、ファンキーなリズムギター、
ノリノリのドラムスに、メロディ控えめでノリノリのリズミカルなボーカル。

エアロスミスはとくに好きでもなかったけどこの曲は別格。
かっこいい。
実際、テレビ番組でもよくBGMとして使われている。

その約10年後、有名なカバーが出た。
  
 
Run DMC ft. Aerosmith - Walk This Way

メロディアスなリフにからむメロディレス(?)なボーカル、
ミディアムテンポの前のめりなリズムはオリジナルのままだが、ラップミュージックそのもの。

オリジナルもカバーもどっちも甲乙つけがたいほど秀逸。
やはりカバーするなら、こうでなくちゃね。

70年代は、Wild CherryのPLAY THAT FUNKY MUSICとか
イアン・デューリーのSex & Drugs & Rock & Rollなど
ドライブ感のあるギターリフの名曲がいくつも思い浮かぶ。


雑誌もこんなふうにグルーヴな勢いがあるといいですね。
(なんか無理やりそこへ話をもっていった感じがするけど、気のせいです)

  
   
clover        clover        clover        clover        clover

    
昨年の10月、ワンダーJAPAN17号の特集取材で
大阪・能勢の高燈籠から神戸へ向かう途中。

猪名川クレー射撃場跡はいまどうなっているのか気になったので
ちょっと寄り道してみることに。

八角形の建物や大量の薬きょうの存在が特色の
廃墟ファンの間では有名な兵庫物件のひとつだったが
2007年に解体されたという。

猪名川クレー射撃場
   
   
   
2010年の夏は猛暑が話題だったが、10月の中旬になっても
まだ日差しが強かった。
暑いときや寒いときの取材はいやでも記憶に残る。


住宅街の行き止まりで車を停め、小さな池の横の
鬱蒼として暗い道を抜けると明るい野原に出た。
  
   
    
Img_1581s

うわー、これは何も残ってないくさい。
また時間の無駄だったか。
場所を間違えたかな。

そう思っていたら、足元に水色の薬きょうが。
   
   

Img_1579s

ああ、この瓦礫の山は・・・
  
  
Img_1595s
   
   


Img_1712s


やはりここが猪名川クレー射撃場だったところのようだ。
  
  
草むらの中を右往左往していると建物を発見。
  
Img_1609s
  
  
Img_1616s


「技術より先づマナー」
さらに回りこんでる。

あっ。

Img_1601s
  
  
Img_1604s


ダンプカーいっぱいの薬きょう・・・とまではいかなかったが
それでも小屋いっぱいに残っていた。
   
   
Img_1607s
  
  
Img_1642s
   
   
本体の建物から少し離れていたためか、解体を免れたようだ。
   
   
Img_1649s
   
   
Img_1653s
   
   
新年なので、ちょっと大量に画像を載せます。
   
   
本誌では使わないだろうなと思いながらも、ついつい何枚も
撮影してしまう。
   
と、そのとき、ガサガサッと音がする。
なにか大きめの動物がいる気配。

とっさに「猪名川」の「猪」の文字が脳裏をかすめる。
ヤバい。

野生の猪に体当たりされ、マニア誌の編集長死亡!
…など妄想がうずまき緊張が走る。
  
音のする方に向かって落ちていた枯れ枝を投げてみたが
どうやら動物はどこかへ去って行ったようだ。
   
   
公衆電話ボックスのような小さな建物もあった。
  

Img_1624s
  
  


Img_1626s


? プーラー室?

Img_1631s
  
  
クレーを放出操作をする人をプーラーと呼ぶらしいが
この部屋でプーラーがスタンバっていたのだろう。
   
   
内部には連絡用の電話が残っていた。
  
Img_1632s


こちらにもマナーをよびかけるものが。
銃を扱う場所だからマナーには相当気を遣っていたようだ。
(天才バカボンに出てくるやたら銃をぶっ放すおまわりさんみたいだと
危険きわまりなくて、困りますよね~)
  

Img_1640s
   
   
Img_1674s
   
   
ひととおり撮影し、元来た道を引き返すと
足元にはこんなものも落ちている。


Img_1697s
  
  
次の取材場所へ早く移動しないと。
それにしてもいい天気だ。
   
Img_1684s
   
  
再び池の横の暗く濡れた道を通る。

ビチャビチャの道は、解体された廃墟のその後が
わずかながらも痕跡が確認できた充足感からか
それさえも愛おしく感じられた。
   
   
Img_1727s
   
   
さすがにここに来ることは、もうないだろう。
   
   
  

|

« ■手柄山中央公園の回転展望台 with 夜のコクーンタワー | トップページ | ■たまにはふつうの観光スポットを…(伊香保温泉) »

コメント

あぁ、諸行無常ですなぁ…
本誌でもこんなコーナーありじゃないですか?

投稿: | 2011年1月 8日 (土) 10時41分

盛者必衰ですね。
これはまだ残っているほうなので多少絵になるけど
完全に更地になったあとに新規物件が建造されると
「連続性」みたいなものが薄れてしまいますね。

投稿: いさき@WJ | 2011年1月10日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/38335730

この記事へのトラックバック一覧です: ■その後の猪名川クレー射撃場(やりなおし):

« ■手柄山中央公園の回転展望台 with 夜のコクーンタワー | トップページ | ■たまにはふつうの観光スポットを…(伊香保温泉) »