« ■多賀神社 凸凹神堂(愛媛) | トップページ | ■リサイクルショップ、らせんすべり台(埼玉) »

2010年4月28日 (水)

■夜の長野駅前

まずは告知から。

4月27日から5月10日まで新宿コニカミノルタプラザ(フルーツの高野4F)で
「オープロジェクトpresents「軍艦島全景 -未来の記憶-」という
映像画像を駆使した軍艦島WEEKが開催されています。

Img_5909rs

液晶大画面によるオープロジェクトの軍艦島映像作品の上映や
バーチャル体感できる等身大の大パネル3点、そして
軍艦島 1/500模型、軍艦島の石炭などの展示に加え
島のあらゆる現状を捉えた写真展示 約50点+スライドショーなどもあります。


Img_6009rs


オープロジェクトは、弊社発行の『軍艦島 全景』著者で
映像や画像を駆使し軍艦島の魅力を多角的に紹介。
もちろん「ワンダーJAPAN」や「廃線跡の記録」などでも
いろいろご協力いたいだいております。

興味のある方はぜひ足を運んでみてください!

詳細はコチラ

この軍艦島WEEKイベントに関連し、2つのトークショーもあります。

『軍艦島対談 大橋弘×オープロジェクト 〜軍艦島の過去・現在・未来を語る〜』
(5月1日19:00開演・ジュンク堂新宿店8F喫茶)

詳細はコチラ

『坂本道徳×オープロジェクト トーク・ザ・軍艦島 お宝映像と語り尽くし』
(5月9日(日)13:00開演・お台場の東京カルチャーカルチャー)

詳細はコチラ


clover   clover    clover
  
4月17〜20日、山梨・長野ワンダーのために取材へ出かけた。
    
17日の中央高速は、途中雪のせいでチェーン規制が出ていたり
長野の高原はえらく寒い思いをしつつ、その一方で
山梨では日中夏日だったり、長野のあちこちでは桜が満開と
4日間で冬春夏とネコの目のような展開で目まぐるかった。

山梨・大日影トンネル遊歩道

Img_1204rs


長野・松代町のお寺(松代象山地下壕近く)
         
Img_2975rs
   
あれは夢だったのかな。
でもパソコンのHDDには115GBの画像が…。
      

18日の夜は長野に逗留。
晩ご飯を食べに町へ繰り出したが、日曜の夜でお店は休みが多く
あちこちさまよっていると、ちょっと古い感じの映画館があった。

R0015737rs

さらにさまよっていて、目に飛び込んできたのが
こちらのまばゆいばかりのお店。
   
R0015748rs
   
「ここ一軒で長野県。」と、一店舗で長野の料理とお酒がすべて
堪能できるらしい。

残念ながらいっぱいで入れなかったので向かいの店に…。

ホテルへプラプラと歩いて帰る途中、Y字路に出る。
      
R0015750rs
       
小さなY字路(三差路)や五差路って、なんでこんなに胸がときめくのだろう。
鋭角な土地に建つ建物のカタチもいいし、十字路にはない道路の交差ぐあい、
空間の広がりなどがあって楽しい。
     
      
      
       
        
       

|

« ■多賀神社 凸凹神堂(愛媛) | トップページ | ■リサイクルショップ、らせんすべり台(埼玉) »

コメント

 こんにちは。ご無沙汰しております。

 先日調べものがあり千葉市中央図書館の郷土資料コーナーを訪れたところ、『ワンダーJAPAN』の13号が置かれているのを発見。思わず嬉しくなってしまいました。
 市史や郷土史本などの郷土資料本と一緒に『ワンダーJAPAN』を並べるとは、図書館司書の方を褒めてあげたいです。『ワンダーJAPAN』も郷土資料本として認知されたということなのかもしれませんね。

 次号も楽しみにしております。

 

投稿: けい | 2010年5月 1日 (土) 09時06分

sunけいさん!

ご無沙汰してます〜。
先日、山梨&長野ワンダーで石和も少しだけまわったのですが
あの酒井さんの手配してくださった秘宝館取材からちょうど1年ですね。
早くも懐かしく感じます。

13号は円筒分水が表紙だから郷土資料として扱ってもらえたんでしょうね。
でも12号は秘宝館(あれも郷土資料ですよね)!がたくさん載ってるので
きっと図書館ではNGなんでしょうね。

あらゆる情報を分け隔てなく収蔵してほしいものです。

投稿: いさき@WJ | 2010年5月 1日 (土) 12時50分

 こんにちは。

 私も秘宝館は地元観光史を語る上で欠かせないものだと思います。千葉県には秘宝館はないので郷土資料の扱いにはなりませんが、今度『I LOVE 秘宝館』を図書館で一般図書にてリクエストしてみたいと思います。ラブドール本が置いてあるのなら、秘宝館本だって置いてもらえるでしょう(笑)。

 さて、13号に掲載されている廃階段について詳細がわからないとあったので、先日調べてみました。結果、資料や地元の方に聞いても海岸に降りるため及び薬師堂に行くための階段ということしかわからず(笑)。薬師堂については地元で昔から知られた崖の磨崖仏なのですぐにいろいろと分かったのですが(もちろん死んだサーファーとは関係ありません)、その階段となると難しいですね。まあ謎のままの方が魅力的なのですが・・・・。ちなみに、上にあった廃ドライブインは現在更地になっていますよ。

 

投稿: けい | 2010年5月 4日 (火) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/34426947

この記事へのトラックバック一覧です: ■夜の長野駅前:

« ■多賀神社 凸凹神堂(愛媛) | トップページ | ■リサイクルショップ、らせんすべり台(埼玉) »