« ■14号校了とポスターと木造駅 | トップページ | ■ワンダーJAPAN14発売! +びわ湖タワー・イーゴス108 »

2009年12月13日 (日)

■浜崎黒目橋~変わった小さな橋~

鋭利なカッターナイフよりも、コピー用紙で指を切るほうが
なぜかジンジン痛みが続きません?
紙の方はノコギリのような断面になっているからですかねー。

明日、12月14日はワンダーJAPANが出来上がってくる日。

お世話になった方々へ見本誌の発送をしないといけないのですが
大量の送付状を扱うので、指を切らないように気をつけないと。

clover     clover     clover     clover     clover


毎朝、通勤電車から見える小さな橋。

ちょっと見慣れない形の橋なので、かなり前から
ず~っと気になっていて、時間ができたら写真を撮りに行きたいなと
見るたびにしつこくしつこく思っていた。


R0014750s
     

この電車から、朝日を浴びて佇む橋がいつも目に入る。
  
       
R0014743s

場所はこのあたり。

東武東上線の朝霞台駅、武蔵野線の北朝霞駅から
東洋大学朝霞キャンパスへ歩いていく途中にある。



大きな地図で見る


近くで見る。モダンで均整の取れた橋だ。


R0014746rs


もっとそばへ。


R0014711s


見るからに小さな橋だとは思ったけれど、歩行者専用の橋とは。
そういえば車が通るところを見たことがなかったな。


R0014740s
              

「浜崎黒目橋」は1999年5月に開通。
10歳とまだ若い。

地名の浜崎、黒目川からそのまま名前が取られているようだ。


R0014718s


            
小さいけれど、迫力がある。
中央の円形になっている部分がとても気になるのだが
下から見上げるとこんなふう。

なんだかおもしろい!
来てみてよかったなーと思う瞬間。


R0014717s


日中、肉眼で見たときはまぶしくてわからなかったが
蛍光灯のようなものが見える。
夜間は明かりがボーっと点灯するのだろうか。


R0014756s

         
横から見ると「へ」の字というか、富士山型にアーチを作り
そこから4本のワイヤーで橋の主要部分を吊り下げることで
橋の強度を高める作りになってるらしい。

やっと会いに行けて満足。             
これからもよろしくお願いします。              
            
            
              
             
           

|

« ■14号校了とポスターと木造駅 | トップページ | ■ワンダーJAPAN14発売! +びわ湖タワー・イーゴス108 »

コメント

いい風景ですね。こういうの見つけるとうれしくなりますね。

投稿: | 2011年1月15日 (土) 23時33分

いつも通るところにお気に入りの風景を見つけると
退屈な通勤もすこし気持ちが上がってきたりしますね☆

投稿: | 2011年1月16日 (日) 23時45分

ランニングコースの中でもお気に入りの橋で、これまで「未知との遭遇橋」と勝手に呼んでいたのですが、今日このサイトに出会って初めて正式名称を知りました。よく見ると書いてあるのですね(笑)とても素敵な写真ありがとうございます♪

投稿: inner-wish | 2012年2月 2日 (木) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/32598068

この記事へのトラックバック一覧です: ■浜崎黒目橋~変わった小さな橋~:

« ■14号校了とポスターと木造駅 | トップページ | ■ワンダーJAPAN14発売! +びわ湖タワー・イーゴス108 »