« ■夜の神田(東京) | トップページ | ■宇宙看板と路傍の名もなき廃墟(滋賀) »

2009年10月16日 (金)

■東通村交流センター(青森)

clover告知その1

所定のヴィレッジヴァンガード店で、ワンダーJAPAN関連本を購入時に
WJ公式モバイル会員に登録されると、学習帳がもらえるキャンペーンが
本日をもって終了いたします。
まだ、申し込まれてない方は急いでお店の方へお願いします!
実施店等詳細はコチラ

Top_3

clover告知その2

10月18日(日)夜7時より東京カルチャーカルチャー(お台場)にて
「都築響一の世界4 ~現代アート編~(シリーズ最終回)」が開催されます。

詳細はコチラ

ちなみに前回は「ファッション」がテーマ。
当日、いきなり都築さんから「せきぐちくん、後でこれ着てね」と渡されたのは
「誰でも一瞬でなれるヤンキーファッション」。
「聞いてないよー!」とも言えず、ステージ前に立たされました。

Image0511_2
    
ロゴが見えるようにTシャツをまくって見せてます。

Image0513
  
ちなみに会場の女性スタッフは「一瞬でお水に見える服」を
着させられてました。
  
Image0519
  
明後日はどんな内容になるかひじょうに楽しみです。


clover

ワンダーJAPAN10号の特集取材で下北半島の東通村を訪れた。
原子力発電所関連の助成金のおかげもあってか
人口7500人弱ながら、立派な施設が多かった。
この東通村庁舎の隣りにある「東通村交流センター」もそのひとつ。


大きな地図で見る

庁舎は横から見ると三角形、交流センターは丸、
交流センターの影に隠れて見えない体育館が四角形で
「天・地・人」を表しているとか。
庁舎と比べるとわかるが、ビルの5階ぐらいの高さがある。

Img_9132rs

ちなみに、三才ブックスの「三」も「天・地・人」だったりして。
窓の形がちょっと不気味でおもしろい。

Img_9116rs


裏から見るとノペっとしてる。
内部はチラッとしか見てないが、ロビーには近辺で出土した
土器がガラスケースに入れて飾られていたりした。

Img_9097rs

それにしても色といい、形といい、なんだか
バクダンみたいな気がしなくもない。
     
     
  
   

|

« ■夜の神田(東京) | トップページ | ■宇宙看板と路傍の名もなき廃墟(滋賀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/31807914

この記事へのトラックバック一覧です: ■東通村交流センター(青森):

« ■夜の神田(東京) | トップページ | ■宇宙看板と路傍の名もなき廃墟(滋賀) »