« ■後楽園〜飯田橋(東京) | トップページ | ■横浜Dスポット〈1〉 »

2009年8月15日 (土)

■宇宙研究所(愛媛)

地下鉄の出入り口から地上へ出ると
久しぶりの刺すような強い陽射しの夏日。

露出オーバーな白っぽい世界で
セミの激しい鳴き声が脳内をこだましていると
途中からなぜか音のない世界が現れてきません?

              clover

1年前、猛暑の中、四国取材を行ったときに
せっかく宇和島まで行くのだからと(多賀神社、別名凸凹神堂の取材)
噂に聞いていた「宇宙研究所」へも足を運んでみた。

Img_6459rs

民間のUFO研究家・清家新一氏の研究所である。
道が細くてかなり迷う。

お墓のど真ん中。


Img_6460rs


事前に電話番号を調べ取材申し込みをしてからと思ったが
電話にはどなたも出ず、手紙も出してみたけど
結局返事は来なかった。

都築響一さんからも、行っておいたほうがいいと言われていたので
だからダメモトでの訪問。

Img_6469rs

汗をふきふき、なんとかたどり着いてみたけど
研究所はかなり荒れ果てた様子。

入り口脇にショウケースのようなものがあり
そこに不思議な機器類が飾られている。
注)透明なのは尿瓶(しびん)ではなく、クラインの壷です。

Img_6472rs


なんだかよくわからないけど、「メビウスの輪」状の焼き物。

Img_6471rs

同じ敷地内の建物に洗濯物が干されていたので
ドアをノックしてみたが、あいにく外出中のようだ。

こちらもちょっと変わった形の門。

Img_6473rs_2

清家氏の発行されていた雑誌『宇宙艇』。
難しい数式がたくさん並んでいる。

Rs


この不思議な建物で日夜研究した成果は実を結び
空飛ぶ円盤は完成したのだろうか。


Img_6462rs


空飛ぶ円盤、乗ってみたいなー。
         
        
        
       

|

« ■後楽園〜飯田橋(東京) | トップページ | ■横浜Dスポット〈1〉 »

コメント

はじめまして。「宇宙艇」は昔購読してました。今は出しているかわかりません。電話番号等の連絡先は知りませんが清家さんには息子さんが二人いらっしゃるようです。円盤の製造もどうなっているかわかりません。今人類にとって切実なのはエネルギー問題ですが重力発生機関の開発はとても重大な優先事項だと思います。

投稿: ヒデキ | 2011年4月30日 (土) 14時22分

私も「宇宙艇」を永く購読しておりました。
高校生の時に「宇宙の四次元世界」を読んでぶっ飛びました。
清家先生は、私に大いなる夢を見させてくれたあこがれの人でした。
新宿で一度面会したことがありますが、まさに宇宙人という感じを受けました。
もっと長生きしてくれると思っていたのですが・・・
二人の息子さんは、研究の後を継がないのでしょうか。
「アダムスキーの水」を再現したいです。

投稿: takashi | 2012年5月18日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/30969755

この記事へのトラックバック一覧です: ■宇宙研究所(愛媛):

« ■後楽園〜飯田橋(東京) | トップページ | ■横浜Dスポット〈1〉 »