« ■巨大なカバ(山口) | トップページ | ■雨の赤線跡(京都) »

2009年6月29日 (月)

■ミニ要塞のような豊島区の建物(東京)

いまもあるのかな。

「お年寄りの原宿」、東京・巣鴨近くを車で走っていたら
道路沿いにどんよりしたオーラを放つ建物があったので
廃墟アンテナが反応。近くに車を停めて、見に行った。


Img_3548rs


豊島区保健福祉部分庁舎1号館と書かれている。
ちょっとデコボコした建物だとは思うけど
それほど複雑というわけでもない。


Img_3549rs


でも、壁にぎっしりとへばりついた枯れたつたが
浮き出た毛細血管のようになっていて、それがちょっと異様な感じ。
小さいくせに凄みのあるミニ要塞となっている。

Img_3554rs


毛深い人の腕とかってこんな感じだろうか?
こんな腕で、腕組みされるとかなり迫力がある。

2008年の正月に撮影したものだけど、もう解体されているかもしれない。
         
         
         
         
         
         

|

« ■巨大なカバ(山口) | トップページ | ■雨の赤線跡(京都) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/30338236

この記事へのトラックバック一覧です: ■ミニ要塞のような豊島区の建物(東京):

« ■巨大なカバ(山口) | トップページ | ■雨の赤線跡(京都) »