« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

■HEY 重機

タイトルはビートルズの名曲"Hey Jude"とかけたんですが
ものごっつわかりにくいっすね。

ワンダーJAPANとドボク(・エンタテインメント)は切っても切れない関係だけど
そのドボクに欠かせないのがジューキ▼

Img_3481rs

これは2007年の12月に撮影したので、その後どうなったのかは不明。

♪Hey, Juki, don't make it bad...♪
“ヘイ、重機、悪い方に考えるなよ…強風で倒れて車をペシャンコにしちゃったからって、
おまえのせいじゃないよ”(妄想中)

きれいにカラーリングされた重機は青空に映えますね▼

R0010797rs

こないだまで会社のあった東京・京橋で撮影。

このへんのジューキはかなり高そうなんですが、先日北陸で見かけたのは
軽自動車かちょっと高めのバイクぐらいの値段でした▼

Img_8376rs

うわー、いいな、これほしいなー。
こういうの買って、広大な敷地で無意味に土を掘り返したいです。
ひねもすガーガー掘り起こしたり、整地してみたい。
地球の中心に向かって掘り進んで、マントルに溶かされたい…。

いや、徳川埋蔵金やエメラルドの鉱脈とか探し求めるような
意味ある行動でもいいんですけどね。
かなり振動がありそう。

振動で胆石とか結石がいつのまにかなくなってたりしたらいいかも(どんどん妄想)。

ちなみに、このステキな中古ユンボ類、
越前大仏(福井)の手前にある相当広大な駐車場が期間限定で
中古車販売場として有効活用される中、その隅っこの方で、
通路をとうせんぼするようにかわいく並んでいました。

Img_8361rs

後ろ姿もラブリーです。
(左のほうのミントカラーのヤツなんてこっそり連れて帰りたいほど)

※そうだ、また書き忘れた
昨日、トークイベント「都築響一の世界2」に出かけたのですが
昭和の香りが色濃く残る「スナック」のディープすぎる世界を
都築さんは物腰柔らかな毒舌なのに爆笑を誘う軽妙なトークで紹介し
あっという間の2時間半でした。

日本のスナックには、小宇宙的な《異空間》が広がっているんだなと
人知れず感動の涙を流していました。

そんな都築さんの連載が、次の「ワンダーJAPAN」から始まります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

■「都築響一の世界2」イベント・北陸こぼれ話

clover本日

日付が変わってしまったので、今日ということになるけど
29日、夕方からお台場の東京カルチャーカルチャー
「都築響一の世界2 ~東京スナック魅酒乱~」というイベントがあるので
見に行きます(当日券、多少あるとか)。

今週から会社が新住所となったため
カッコいい名刺持参です。

なんといっても会社にわがままを言い、自腹でいいからこれにすると
見栄を張った名刺…なのにFAX番号間違っているという。

しっかり校正せんかい! オレか。トホホホホ。
切手とか逆版(裏焼き)なんかのほうがプレミア付くしとかワケのわからない
なぐさめはいりません。

というわけで会場でもし私から名刺を受け取ったら、FAX番号の「5296」を「5298」に直してください。
ちなみにQRコードも自分だけ勝手に付けているのですが、こちらは正しいFAX番号です。


clover北陸ワンダーこぼれ話

たいしたこぼれた話でもないけど、福井市から越前大仏のある勝山市に向かう途中
ちょっと気になる看板が目に入った▼

R0011299

「宇宙神教 光明神殿 右折1km先」


神殿というだけでパルテノンとか連想してしまう。
しかも宇宙! 「2009年宇宙の旅」? 福井で??

もしかしたら荘厳な、たとえが古すぎるけど、Earth, Wind & Fireのライブステージのような
すんばらしいスペイシーな建物があったりなんかしちゃって。

まぁ、ダメモトながらも、多少期待に胸をふくらませ看板の指示どおり進む(寄り道)。

山間部の方へ少し行くと、道がどんどん狭くなり、またこんな極細の道かよと
こないだ広島の源宗坊寺へ行ったときのことを思い出したり。

すると…こんな建物がある▼

R0011302_2


おお! なんだろ、あのシンボライズされたマークは。

きれいに芝生が生えそろった敷地に小高い山が盛ってあり
そこに現代アート風のオブジェが奉られていたのだが
残念なことに、「敷地内は撮影禁止」とある。ガッカリ。

受付やインターホンを探すが、それらしきものが見当たらない。
せっかくここまで来たのだからと、この建物の目の前に車を停め
携帯でこの団体の電話番号をソッコーで調べ、電話して
超ダメモトで建物の内部を撮影させてもらえないか頼んでみた。

結果は、案の定、「すぐには回答できない」という話。

事前に知っていたら、あらかじめ取材申し込みしたかもしれないけど
(しないかもしれないけど)
電柱の看板を見ての飛び込みですからね~。
神殿内部をちょっと見てみたかった。

ここに少し詳しい解説があります。

日本にはまだまだいろいろな宗教団体があるんですね。ベントラベントラ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

■昨日、ワンダーJAPAN 工場特別号 発売!

再び、JFEスチール東日本製鉄所千葉地区 第5高炉▼

Img_4410

明日から会社が引っ越しするため、今週は片付けてバッタバタ。
「ワンダーJAPAN巨大工場*総特集号」も4月23日に無事発売されたのですが
告知が遅れてしまいました〜。

書店で見かけたら手にとってご覧いただけるとうれしいです。
1冊丸ごと工場しか載ってないです。

B_2

人手が足りないので自社広(自社媒体掲載の広告)も私の手作り▼

Wj11rlwebol_2

おまけ。

坂戸に用事があって車で出かけたとき、たまたま目に入った
パチンコに隣接する太平洋セメント埼玉工場(埼玉県日高市)▼

R0011058

ワンダーJAPAN工場号, 工場, 巨大建造物 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

■今日から軍艦島上陸解禁

今日のフジテレビの「とくダネ!」や日テレの「ズームイン」でも
取り上げられていましたが、本日から軍艦島(正式名称:端島/長崎県)が
35年ぶりに上陸解禁となったようですね。


Img_6078_2

「とくダネ!」では、セットの中にうちの『軍艦島 全景』の本も出していただいたそうです。
今週の「フライデー」でもこの本から写真提供した記事が載る予定です。

軍艦島は、わずか全長500m足らずの絶海の孤島に
炭鉱関係者とその家族が、最盛期は5000人以上も住んでいたそうで
1974年に島は無人島となったのですが、いまも
最初期のコンクリート高層建造物が島内にたくさん残っています。

たとえば、7階建ての学校9階建ての65号棟とか▼

Img_6208_2

上陸ツアーもたくさん組まれているようですが、ネックは桟橋付近の
「風速が秒速5メートル以下、波高が0.5メートル以下」という市の条例による上陸規制。
「波高50cm以下」ってかなり静かな海じゃないと難しいんですよねー。

ただ、上陸できなくても、船でまわりを回るだけでも
建物の高さがかなりあるので、十分驚異的な光景を楽しめます▼

Img_6013_2

最初はごくごく小さな岩礁だったなんて信じられませんね。

「ワンダーJAPAN第3号・軍艦島特集号」と第1級資料で素晴らしい写真集でもある
「軍艦島 全景」で写真をたくさん見ることができます(あからさまな宣伝)。

※『軍艦島 全景』の筆者O-projectのおひとりが、マスコミは「35年ぶりの一般上陸解禁」と
書いているけど、1974年以前も炭鉱関係者以外は立ち入り禁止の島だから、
「正確には歴史上初めて一般上陸解禁」という意味合いのことをmixi日記に書かれてました。
さすがに視点が違いますねー。頭が下がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

■北陸ゆるネタ

15日 飲み会(深酒)
16日 ワンダーJAPAN巨大工場号 夕方〜出張校正 北陸取材下調べ
17日 洞窟のすごい寺・大観音とスペクタクルな寺(と廃墟)と東尋坊を取材 夜飲んで意識不明
18日 越前大仏独り占め・(新興宗教施設アポなし取材→実現せず)・恐竜取材 夜飲んで意識不明
19日 巨大建造物・金沢色街の旧建築取材 帰宅してまた飲んで意識不明

…ふう、16GBの画像をフォルダに振り分け終わり。

これだと早死にしそう。少しお酒はひかえよ。
いつも思うんだけど、このままいくと辞世の句は

  旅に病んで夢は珍スポ駆けめぐる になりそう。 
 
都築響一さんはよくあんなに日本中を回れたもんだと感心してしまう。
週イチの取材じゃないだろうけど、週刊誌の連載なんて恐ろしいなー。
今度いろいろ聞いてみよ。

以下は、今回の北陸取材でコンデジで撮影した中から拾ったゆるい写真。

まずは、雨後のたけのこ…ならぬ雨後のしいたけ(頭だけ)▼
 R0011294b

駐車場から車を出してもらう時に撮影してたら
「あんなものおもしろい?」とおじさんに聞かれてしまった。
過剰に多いものにも弱いです。

こちらは日本中で見るけど、これ運転中に非常に気になります▼
R0011296b

これも広い範囲で工事中だと、いっぱいカエルがこっち見てるんですよねー。
たしかウサギバージョンもあったような。。。なんかこう…。

あと、金沢駅前で見たコンピューター専門学校▼

R0011311b
  

コンピュータといえば、なんとなくスクエアなイメージ…なんですが
この建物は民家の延長のような、三角屋根が特徴的。

R0011312b

もうひとつのカメラで撮ったほうはまたそのうち。
1TBのHDD買ったけど、これじゃすぐいっぱいになりそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

■ワンダーJAPAN巨大工場*総特集号 来週発売!

「ワンダーJAPAN巨大工場*総特集号」が
いよいよ来週、4月23日(木)に発売となります!▼

B_2

A4変型と大判本という“スケールメリット”をフル活用し
5人のフォトグラファーにこれでもかと巨大工場の魅力・おもしろさを
存分に引き出してもらってます。

また、生まれつつあるピカピカの新生プラント工場もあれば、
その一方で静かになくなりつつあるJFEスチール第5高炉の
現役時と今の姿をたっぷりと20ページ以上も割いて紹介してます。

巨大工場を見ていて感じる素朴なギモン、たとえば
「どうしてあんなに複雑なの?」
「製鉄所で見る巨大なマッチ棒みたいなやつは何?」
「球体と円筒形のタンクって違いがあるの?」
「煙突の先で燃えてる炎って資源のムダじゃない?」
などなどを、今回、東工大の先生に詳しく解説してもらってます。

巨大工場はかっこいいイメージのものが多いですが
たまに愛おしくなるような、かわいいカタチをした構造物もあります。
たとえばこれ▼

Img_1572b

…なんか「ぱお〜〜ん」って聞こえてきそうじゃないですか?
これもなんなのか、本の中で解説してもらってます。

ふだんのワンダーJAPANと同じ、オールカラー128ページ
A4変型、1200円(税込み)です。

ご期待ください。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

■横浜中華街ワンダー

渋谷発の東急東横線がみなとみらい線につながったおかげで
横浜中華街まで渋谷から30分ちょっとで行けるようになった。便利だ。

あの、風が吹くとかなり揺れて楽しかった横浜マリンタワーは
まだ休止中だったけど、2009年5月23日に再オープンするらしい▼

R0011168

ちなみに神奈川には湘南モノレールという高速で激しく揺れる乗り物もある。
大船から江ノ島へ行くやつ。こちらも怖くておすすめ。

まぁ、それはいいとして、気になる建物エントリーNO.1はこれ▼
R0011142

なんとかホテル…あ、ローズホテル横浜というのか。
どのへんがバラなのかよくわからないけど、バルコニーのデザインと
建物の上にのっかる円筒形の展望レストラン?の組み合わせが
なんだかよくわからないけどインパクト大。

そして、宿泊施設と言えばこれも気になります▼
R0011137

うわ~、これ、営業中なのかなぁ?とガン見してしまいました。
旅館オリエンタル。
ちょっと検索したら、やっぱりこの建物、ぼくと同じように
気になる人がけっこういるみたいです。
(てことは、ワンダーJAPANももっと売れていいのでは?)

冷暖房なし、一泊3000円とか。
おばちゃんが古いプラッシーのジュースを出してくれるとか。
部屋の備品もかなり昭和レトロだとか。
取材したいなー。

途中、こんなものにも目を奪われつつ▼
R0011135
あーやっぱ売ってるんすねー、これ。
(ドMと噂のマンガ家のOさんにプレゼントしたかった)

さりげなくこんなオブジェも▼
R0011149
全然食欲が湧かない巨大な餃子オブジェ。

なんて、ブラブラしながら、やっぱり中華料理を食わないと!
で、目に焼きついて、まぶたを閉じても脳裏に浮かぶのはこの建物▼
R0011145

色もおもしろいけど、形が…。
な、なんかこうムカデのイメージなんですけど、これ。
この建物、食事できるみたいです。気になるなーこれ。


ゲームセンターも派手ですね▼
R0011184

これはマンションかな。よく見るとなんかヘン。地味ヘン▼

R0011178

まぁ、そんな感じで、ひとりで歩いていたのではなかったから
自由気ままに動きまわれなかったけど、それでもヘンな感じのものが
たくさんあって…これはまた撮影しに来ようと思いました。

ほら駅もこんな感じ▼
R0011194

続きを読む "■横浜中華街ワンダー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

■工場とネコ

え~と、工場号の編集作業真っ最中なのにちょっと油断してます。

ネコ派かイヌ派かと聞かれたら、イヌネコ派と答えしまう。
ついでに言うと、カピバラ派でアルパカ派でオカピー派であり、
さらに深海魚派でマンボウ派でカブトガニ派でオオサンショウウオ派でもあったりして。

あとキノコに食虫植物にコケに多肉植物、さらに巨木が好き…。

なんでこんなに好きなものが多いんでしょうねー。

京浜工業地帯を取材中、海面をじっと眺めているネコがいた。
Img_0363

よく見ると、
Img_0364

ネコは釣り糸の先をじ~~~~っと眺めている。
なんだかわかりやすくておかしかった。

こちらも工場を撮影中。
この煙突、どう見ても長ネギにしか見えません。
3本198円? この画像、全然水平が取れてないな。
Img_0472

ねぎまの、あの焼いた長ネギっておいしいよなぁと考えながら撮影してたら
発情した?ネコがまとわりついて離れない。
Img_0466

もしかして背中かゆいの? って思うぐらい背中こすりつけてくる。
しまいには足に乗っかるし。足乗り野良猫だ。

そのまま30mぐらい上空に放り投げて遊んであげればよかったかな。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »