« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

■死後さばきにあう

ワンダーJAPAN第3号で紹介した全国のキリスト看板。
「死後さばきにあう」とか「悔い改めよ」というやつ。

▼こんな感じ(青森県木造駅前=土偶駅として有名=にあったもの)
Img_8950

mixiのマイミクの方より、こんなのがありますよと教えてもらったのが
「キリスト看板ジェネレータ」

こ、これはやばい、楽しいかも。


2_5


当時、この記事を作っていたとき、自分でもいろいろと
なんかおもしろい言葉をこのデザインで表現できないかなと
いろいろ妄想していたんですが…

※以下は画像ではなくhtmlに依存してるので携帯では表示されません。すいません!







仏陀


ああ、やばい、やばい、いろいろとジェネレートしちゃう。
手が勝手に入力してしまう。。。







尾崎放哉


ここに書いているのは、私に乗り移った別人です。







不詳


ああ、仕事が・・・







山岸凉子「日出る処の天子」


マンガ好きなのでもうひとつ。







つげ義春「ねじ式」


きっとあとでまたこのブログ修正するかも。







いさき


おもしろくてやめられないいいいい!!!!
仕事がたまっているのに〜〜〜〜。

以下、完全に脱線。。。

いさき辞典







いさき辞典







いさき辞典

あと、なんかあるかな。

…仕事しよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

■消えゆく第5高炉

工場号のために、先日、千葉まで行ってきたとちょこっと書いた気がする。
ああ、そうだ、フロントガラスにツバが飛んだとか書いた、書いた。
何書いてるんだか。

▼これは、ツバが飛ぶ前、まだきれいな状態のフロントガラス。
R0010874b
なんで高速道路に信号があるんでしょうね〜。

(中略)

本当は千葉港巡りの遊覧船に乗ろうとしたのに強風のため欠航。
せっかく途中で大声出したり、張り切って来たのに。

かなり落ち込んだけれど、すぐに回復。
というのもものすごい巨大建造物を見てしまったから。それがこれ。

▼JFEスチール東日本製鉄所千葉地区の第5高炉
R0010889b

京葉線・外房線蘇我駅から歩いて数分のところにある。

ちょうどWJ11号の発売された3月17日の火曜日。
平日だというのに、自分以外にも3、4人撮影してる人がいた。
それもそのはず、役目を終え、長いこと放置されていた製鉄所の巨大な高炉が
毎日少しずつ解体されているということで、工場好きの間で話題になってるのだから。

この画像は、リコーのGX200という4万円もしないコンパクトデジカメで
撮影したものだけど、それでもこんなに絵になる感じ。←ぬけぬけと。

▼こちらは一眼レフ
Img_4697b

もちろん、工場号では、もっとちゃんとした人の写真をバンバン使う予定。
ミントグリーンの重機らが解体作業を進めているため
毎日少しずつ様子が変わってきているという…。

きっと泣きながらこの光景を見ている人もいるんじゃないかなぁ。
※またあとから書き直しちゃってます。カメラの型番間違えるし。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

■広島MIDビル…の前にいた具合の悪そうな人

広島で見つけたふつうにオシャレなビル。
クレンザーで磨いたみたいにピカピカしている。
 ▼
Img_2631


そのビルのまわりをウロウロしていたら
苦しそうな顔をしている人を発見。
 ▼
Img_2638

近づいてみる。
う〜ん。
 ▼
Img_2646

「優秀建築物」として表彰されている。
 ▼
Img_2639

まさかこの緑色の液体を吐き出しているやつが
優秀建築物!?
 ▼
Img_2646b

…これから花見シーズン到来。
飲み過ぎないように、この顔を脳裏に焼き付けておかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

■ワンダーJAPAN最新号発売

背中にじっとりした視線を感じ、振り向いたらこんな光景…
Img_3163

心臓がバッコンバッコン、というぐらい、毎回、本ができあがると
読者のみなさんの反応がどんなもんかとドキドキしてます。

※この画像は、目次で使おうとしていたB案。
表紙の説明もしとかないとということで、結局、A案のほうを採用したんだけど
最後まで迷ってました。よかったら目次と見比べてみてください。
ティラノザウルスはともかく、左のプテラノドン?
↓かなり気持ち悪くてステキなんですよねー。
Img_3170
岡山県の笠岡市立カブトガニ博物館に付属する恐竜公園です。


でもいつまでもあこがれの先輩を前にした乙女でもいられないので
ドキドキしつつも工場号を作らなくてはと、今日は京葉工業地帯へ撮影に。
工場の話はまたそのうち。

ところで、ひとり車を運転、しかも高速道路を驀進中となれば
「人はどれだけデカい声が出せるのか?」と、試したくなりません?
箱崎JCTを通過中・・・ちょっと叫んでみる。

Cocolog_oekaki_2009_03_17_23_03

100万デシベルぐらい出たかな(テキトー)。

うわっ、汚ね、フロントガラス、ツバ飛びまくり。
走行中に窓拭くの大変でした。トホホ。

よゐこのみなさんはマネしないよ〜に(説得力ないけど)。

…一度書いたブログをまた書き直すクセ、直さないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

■宣伝 ワンダーJAPAN(11) 

おもいっきり宣伝で恐縮です。
ワンダーJAPAN第11号がいよいよ1週間後
3月17日(火)発売!となります。

こちらはその宣伝用ポスター(A3・2種類)とPOP(ハガキ大)の見本です。
※まだ出てません。くどいですが、発売は3/17です。

↓源宗坊寺(広島)
Wj11posterweb

↓笠岡市立カブトガニ博物館(岡山)
Wj11posterkweb

↓源宗坊寺(広島・POP)
Wj11popweb

かなり重いです。でも、「宣伝してあげるよ♪」という気さくな方、
「しょうがねぇな、宣伝してやるか」という
見てくれは怖くても、意外と優しい方がいらっしゃいましたら
↓こちらにデータがありますのでご利用ください。

https://cocoa.ntt.com/cc_pc/ST055?RE_ID=2d16f6c44b7d5a1f674a61f417375&INTRO_ID=1319499&CID=01&SCID=0000

※URLが長いですが、最後の「=0000」まで切れないように入力してください〜。
切れたら恐れ入りますが、コピペしてつなげてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

■超古代研究所と神山スキーランドホテル

書き忘れそうになったけど、ワンダーJAPAN11号の編集作業がほぼ終了した。
2月は28日までしかないので、けっこうきつかった気がする。

特集は山陰山陽ワンダー。
かなりぎゅうぎゅうに詰め込んだので、いつにもまして
濃いんじゃないかと思うんだけどどうなることやら。

しばらくは失踪して、自分探しの旅にでも出たいんだけど
4月下旬には工場特別号の発売もあるのでムリか…。

ただ、ぼんやりとあまり気張らずに「自分の好きな空間を探すこと」って
けっこう知らない自分が見つかったりして楽しいもんなんですよねー。
そういった意味では毎日が自分探しでもあるような。

      *      *      *      

2008年夏、ワンダーJAPAN9号四国ワンダー取材で灼熱の四国取材を敢行。
こちらは愛媛~徳島を単独横断、相方は香川~高知をカメラマンと縦断する。

「ワンダーJAPANエリア別300」の編集作業に追われ
「先に四国取材行って来ちゃっていいよ」と言ったんだった。

よく考えたら、四国は横に長い島。
縦断よりも横断するほうがはるかに距離が長い。

さて、事前に調べていた幸福神社(未掲載)へ行ったときに
たまたま気になる看板↓を見つけた。
Img_7484s

あれ、先に見たのはこっちかな↓
Img_7481s

まぁ、どっちにしろ素通りはできない。
時間があったら巨石などがあるいわくありげなスポットを
全部まわりたかったのだが、いかんせん時間が足りない。

で、町の中心からちょっと山のほうに登って行くとホテルを発見。
Img_7510s

お! これはもしかしてもしかして!
あまりにも雰囲気バリバリなホテルにときめく。

近くで見てもこんな感じ。
Img_7507s

これって廃…でも車があるしなぁ。
あれか、つぶ××ホテルを車庫代わりに使ってるのかな、などと考えながら
フロントのほうに回ってみる。

うわ! なんだ! 営業中!? 
Img_7500s

ロビーに入ると、なんとこれがあの研究所か!
Img_7497s

ここはひとつ話を聞いてみようと勇気を出して「すいませーん!」と
何度も叫ぶがだれもいない。。。

このホテルの中にある超古代研究所、入り口には
神山文字という見たこともない文字が、どういうふうに発音するのか
表になってまとめられていた。
Img_7495s


神山文字ってあれですね、漢字が日本に伝わる前に
古来から存在したとかいう日本固有の文字という。
ほんとかどうかまったくわからないけど。

それにしてもこの表、よ~~~~く見ると日本語のローマ字表記と
仕組みはほとんど一緒っぽい気がする。

これってローマ字表記法を元に作成したんじゃないの? などとぼんやり考えた。

このホテル、前庭が大きな釣堀になっていて、
ロビーから外に出ずとも釣りができてしまいそう。
というかホテルよりも釣堀としての役割のほうが主になってるっぽかった。
Img_7490s_2

池でも川でも沼でも湖でも海でもなんでもいいのだが
私は部屋の中から窓の外に釣竿を出し、のんびり魚釣りをする
…そんなシチュエーションにものすごく弱い。憧れる。

ここもちょっとそんな雰囲気をもっていて非常に魅力的に見えた。

ホテルの裏手に回りこむとこんな看板が出ていた。
この看板を設置されてる建物自体がどうやらスキーのリフト乗り場だったようだ。
Img_7504s

ホテルはともかく、こちらのリフトはどうみても通年休業にしか
見えなかったのだが、ほんとはどうなんだろ。

四国へ行くことがあったなら、次は絶対このホテルに泊まろうと思った。
研究所とホテル、何かおもしろい情報がありましたら、教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

■重厚なビルの裏側

東京都中央区銀座1丁目。
昭和通り沿いにあるハワイレストランの入ったビル。
ぬく〜いハワイアン音楽が流れてるビルのその裏に
こんなにもHR/HM、ハードロックでヘビメタなサウンドが似合いそうな所が…

R0010686b

レッド・ツェッペリンの「移民の歌」でも聞こえてきそう。
Led Zeppelin/Immigrant Song

ジミー・ペイジの重機のようなギターリフ、
ジョン・ポール・ジョーンズのうねくりまくるベースは
うっかり手離して自由に動き回る消防ホースのよう。

R0010689b

このたたずまいに、ハワイアンは似合わないでしょ、やっぱり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »