« ■巨大建造物、鳴門大橋のもうひとつの楽しみ方 | トップページ | ■ワンダーJAPAN11号、プチ予告 »

2009年1月21日 (水)

■巨大建造物、鳴門大橋のもうひとつの楽しみ方2

鳴門のうずしおといえば、いままでは船に乗って、船上から
あの海にできる忍者ハットリくんのほっぺたを眺めるって寸法だった。

「もうひとつの」なんて書いたけど、もともとの楽しみ方は
橋が完成したことによって、橋の上からうずまきを眺められることになったのである。

Img_7121s

でも鳴門大橋の楽しみは、もちろんそれだけじゃない。
これ。

Img_7113s

なんでこんな恐ろしい怪談、違った(でもある意味違ってない)階段を
設置したんだろう。

海から橋に登ってくるポセイドンとか半漁人用の階段だろうか。
あるいはここからダイブするのがこの地方の成人となるための通過儀礼
みたいなもんだろうか。マサイ族みたいな。

さて、この橋の近くに「東洋一のエスカレーター」なんてかなり古そうなキャッチコピーの
さびれた展望台がある。
Img_7031s

いちおこんな感じ。
Img_7220s

この展望台、やはり中の店がいくつか閉店となっていた。
Img_7198s

う、眠くなってきた。
実はこれ出張先の山口県から記入中。
徳山の工場。
Img_1522s

それにしても「縮小専用。」というフリーソフトは便利だ。
でかいJPEGも瞬時にリサイズしてくれちゃう。


|

« ■巨大建造物、鳴門大橋のもうひとつの楽しみ方 | トップページ | ■ワンダーJAPAN11号、プチ予告 »

コメント

見に来ました。
画像が多くて楽しいです。
半魚人用の階段!爆笑です。
よくそういう「なんでそこに?」っていうの
見つけます。

投稿: きりん | 2009年1月21日 (水) 10時43分

moon3きりんさん

まだまだ載せたりないです、画像。
絞りに絞ってます。

もう体に染み付いてるみたいです。くだらないもの発見能力が。

投稿: 《いさき》 | 2009年1月21日 (水) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156997/27331053

この記事へのトラックバック一覧です: ■巨大建造物、鳴門大橋のもうひとつの楽しみ方2:

« ■巨大建造物、鳴門大橋のもうひとつの楽しみ方 | トップページ | ■ワンダーJAPAN11号、プチ予告 »